UNIXユーザの8階級

広告

The Eight Stages of Unix Knowledge

ネットを見ていたらThe Unix Hierarchy (The Eight Stages of Unix Knowledge)というのを見つけましたので、適当に訳してみました。

  • ひよっこ
    • コマンドラインの使い方に自信がない
    • viの基礎をもっと学ぶ必要がある
    • ディレクトリの中身を得る方法を知らない
    • コマンドを入力してリターンを叩いたあとにエラーが出る
  • 初心者
    • lsでディレクトリの一覧を得られる
    • viのことをvyeと言う
    • Cについて聞いたことがあるが、チェリーである
    • rmにまつわる苦い経験がある
    • メールの読み方を知らない
    • 身近な人がUNIXを好むのが不思議である
  • ユーザ
    • viやnroffを使うけれど不慣れ
    • 正規表現という言葉は聞いたけれど見たことはない
    • ハイフンがオプションを表すことを知っている
    • C言語でプログラムを書こうと思ったけどPascalが止められない
    • ディレクトリの移動ってどうやるんだろ?
    • dbxをステレオコンポのブランド名だと思っている
    • メールは読めるがニュースの読み方は知らない
  • 中級者
    • nroffは問題なく使えて、tblやeqnを習い始めた
    • grep検索をする
    • mvでディレクトリも移動できることを知っている
    • helpがhelpにならないことを知っている
    • C言語を習ったことがある
    • 文字列の置き換えにsedを使ったことがある
    • dbxを使っている人は見たことがあるが、自分では使ったことがない
    • makeは軟弱者のツールだと思う
  • 上級者
    • 必要なときにsedを使う
    • viでマクロを使い、必要なときにexを使う
    • 思いついたらニュースを投稿できる
    • cshスクリプトを書くこともある
    • viでC言語のプログラムを書き、ccでコンパイルする
    • &&や||が何を意味するか分かる
    • 人類の歴史は"!h"で始まると思っている
  • ハッカー
    • sedやawkを自在に使いこなす
    • viの隠し機能を使える
    • catでC言語のプログラムを書き、!ccでコンパイルする
    • ソースコードデバッガは信用できないのでadbを使う
    • ユーザ環境に関する質問に答えることができる
    • 標準のマクロに代わるnroffのマクロを書く
    • shのマクロを書く
    • バグ修正パッチをインストールできる
  • グル
    • m4やlexを自在に使いこなす
    • アセンブラのコードをcatで書ける
    • システムにロードされているカーネルのデバッグをadbでできる
    • ツールのソースコードをいじってカスタマイズできる
    • 朝食の時にデバイスドライバのソースコードを読む
    • どんなUNIXの質問でも少し考えれば答えることができる
    • 2つ以上のコマンドが必要なときはmakeを使う
    • セキュリティを突破できるか知っていて試す必要がない
  • ウィザード
    • catでデバイスドライバを書ける
    • バイナリをいじってバグを潰せる
    • 質問されなくても質問に答えることができる
    • 独自のtroffマクロを書く
    • Dennis、Bill、Kenとファーストネームで呼び合う仲である

時代を感じる

Pascalは今では使う人は少なくなっていると思うので、Cの代わりにPascalを使うというのは今では意味がないし、viもそうかな。今でもvi派は多いんだけど、viはないときに仕方なく使う感じがする。ハッカーレベルでも大したことのない技術もあれば、もう少し下でも自分が使わないツールを使うことを求めているものもある。

あとグル>ウィザードだと思うけど違うのかな?

ウィザードの「質問されなくても質問に答えることができる」はまさにウィザード。