科学的合コン攻略

広告

以前も書いたネタですが、マイコミジャーナルによりますと「照れ屋で消極的なあなた向け! 科学的に合コンを攻略できる方法教えます」というのが華々しく記事になっています。

喪を装ったリア充の予感

今回は科学的に合コンを攻略する方法を紹介しよう。奈良先端科学技術大学院大学の学生が設立したベンチャー企業「ホープフル・モンスター」は、情報科学を駆使して男女の出会いを支援するシステムを開発。気になる異性の近くに座ることができる計算システム「THE SEKIGAE(ザ セキガエ)」や、好印象同士が分かるシステム「GO!GO!GO!KON (ゴーゴーゴウコン)」など、だ。どちらも携帯電話の機能を利用してできるサービスで、9月に初めて手掛けた合コンでは参加者36人のうち7組ものカップルを誕生させた。

学生ベンチャーというのは追い風かも知れませんね。少なくとも席替えのシステムは多分自分でもすぐに同じモノは作れます。しかし、実行力が違います。私は部屋に引きこもって妄想炸裂していますが、彼らは

  1. アイディアを思いつき
  2. 実際にシステムを作る実行力を持ち
  3. 合コンを仲介するほどのリア充で
  4. しかも勢いでベンチャーなんか作っちゃって
  5. メディアに紹介するほど如才ない

わけで、廃人な私が太刀打ちできるような相手じゃありませんよーだ(´Д⊂ヽウェェェン

なんか同じ畑の人っぽいです

同社は同大学院情報科学研究科博士課程で進化的アルゴリズムやニューラル・ネットワークを専門とする黒岩将さんと、修士課程で最適配置問題や人工知能プログラミングを専門とする武田康臣さんが5月に設立。

進化的アルゴリズムってGA(Genetic Algorithm, 遺伝的アルゴリズム)のことでしょうか。変わった言い方するなー。ニューラルネットもまあ、面白いんだろうけど。

研究室で研究に打ち込むばかりに女性と縁遠くなっている男子学生が目に余り、専門の情報科学を活かして合コンをプロデュースする事業を立ち上げたという。早速、未婚化に悩む自治体などからの問い合わせが相次いでいるようだ。

君らはリア充っぽいよね。だいたい、自分だったら「システム作ったんだけど、君ら合コンやるときにテストしてよ」なんて頼んでも誰一人周りで合コンする人なんかいませんよって。

相変わらず説明が・・・

例えば男女5人ずつが横一列に向かい合って座ると約100万通りもの席順があるという。そこで情報科学を用いた同システムを利用すると、数万通りある膨大な組み合わせの中から98%以上の高い確率でそれぞれの第1~第3希望の異性が自分の正面に座る席順を提示してくれる。

前にも書いたけど、この100万通りには意味はありません。こういうのはバイナリ計画問題という特殊な線形計画問題として表すことができて、その最適解は実行可能領域の頂点にしか現れないと偉い先生が保証して下さっています。てなわけで、モデル立てて、データ入れて、シンプレックス法に放り込めば一瞬で最適解なんか出してくれます。

ぼったくり

現在、1回の合コンにつき主催者からプロデュース料金(3万円~、以降10名ごとに1万円ずつ加算)を支払ってもらっており、同社主催の合コンイベント「HopCom」は、弁護士や会計士、大学関係者(教員、研究者)が中心に集まっており、平均4,500円の参加費で開催しているという。

高いっすよ。まあ、弁護士とか会計士とか、お金持ってそうな人からふんだくるんだからいいのかも知れない。経済学の第一義は富の再分配にあると誰かが言ってた。

これ、無料で同種のモノを作って公開したら威力業務妨害とか言われないよね・・・?

5 件のコメント

  • 兄さん、おっは~!

    確かに、全パターンが対象っていっても自ずと枝狩りできるっすからねぇw。
    昔グラフ理論の初歩をもてあそんだときに近いことをやった記憶があるっすw。
    αβ法なんかをちこっと応用すると良さげなものができそうっすね。
    一定時間で打ち切りたければそのときまでに見つけた最適解を
    「これじゃ~」って言っちゃえばいいわけですしねぇw。

    以外とランダムでも、
    「おまえらペアリングじゃ~。神様が言うんじゃから間違いない!」
    なんてアホが聞かされると、「あ~、運命の人っす」
    てな具合に洗脳されたりしそうっすから、
    そういう心理学的見地からの考察も欲しいっすよねぇw。

    あ、シンプレックス法って知らなかったっす(T_T)。
    今からググッってみます。

    兄さん、何でも詳しいっすよね。
    尊敬するっす!
    ぽち・ぽち・ぽち・ぽち・ぽち・ぽち・ぽち・ぽち・ぽち・ぽち・ぽち(北斗の拳風w)

  • えーっとですね、短時間というか、このくらいのモノなら解けないなんてことはないかと思いますよ。

    寝ながらインターフェース考えていたんだけど、席が一列に向かい合う場合、いくつかのテーブルに別れて座る場合など、場合分けをしていたりすると面倒くさいなあと。

    まず代表がWebにアクセスして、希望の条件を入力すると専用URLが作成され、QRコードが画面に表示される。んでもってカメラで撮影すると全員専用URLに飛べて、あとはお好きにというのがいいか、メールだけでできる方がいいかとか、色々考えていると眠くなって寝てしまいました。

    何か秘孔を突かれたみた、あqwせdrftgyふじkたわばっ。

  • 兄さん、こんばんは~!

    鳩山さんの論文、面白いっす!(雑談が大半?結論だけ?ヒドスw)

    で、ちょっとパスする人数を計算している式の導出を試みた・・・うっ、手強い!
    どっから来たんじゃ~w!

    で、目線を変えて、じゃあ美人ゲット出来る確率をエレガントに・・・うっ、エレガントじゃない!
    (きっとエレガントになるんだろうなぁ・・・)

    そして地球は平和になった・・・カクッ。(←意味不明w)

    というわけで、たんまり時間が取れたときに最チャレンジしまっしゅ!

    兄さんは、確率論のエキスパートっすか?
    オレも兄さんみたいになれるように精進しまっしゅ!

  • あれは論文ではなく、同志社大学で友人に頼まれて講演したときの要旨らしいですよ。

    私はもう廃人なので計算を手で追うなんてことはやる気がありません。昔は家に紙が大量に転がっていて、計算用紙には事欠かなかったのですが、今はそれすらありません。Mathematicaもインストールしてないし、つまり算数はもうできません。

    美人をゲットする確率というのは、たぶん普通の人とそう変わらんと思いますよ。ただ、美人を見かけると萎縮して不戦敗を喫してしまうことが多いだけではないかと思います。近づきがたいほどの美女だとかえってモテないという話もあります。

    でも、そういう人は街を歩いていると芸能界がスカウトしちゃうので、だんだん離れていくような。イギリスで背の高い人は貴族か警察官だと言いますけど、長年にわたる長身の遺伝子を選別してくるとそういうことになります。それでも市井の人にも長身は現れるわけですが。

    芸能界の文化がどのくらい続くかわかりませんが、500年続いて、しかも芸能人の子供は芸能人になるとしたら、美形は一部の突然変異を除くと芸能人だということになるかも知れません。逆は成り立たないことはあります。

    私は文盲オナニートですので、確率何それ美味しいの?です。

  • 今更なコメントですが、4500円でも厳しいと思いました。

    食事代1人2000円、場所代5万円として計算していっても、
    企画、募集、当日の運営、システムの調整、資料作成、印刷などなど、マニュアル化しないと厳しい気がします・・・。

    人集めが一番ネックになるでしょうね・・・。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください