ダメ出ししたがる面接担当者

広告

このエントリはニートの海外就職日記の「日本の面接って。。。」についてです。

経歴に瑕のある人を嫌うのが日本流

よく言われるのは「企業はあなたたちを見ますが、あなたたちも企業を選んでいただいて〜」と言うけれど、実際のところは圧倒的に選考を受ける側が弱いのです。立場が弱いからこそ、面接対策本とかが売れていて、どうにか気に入って貰おうという心理が働きます。

そこに企業は追い打ちをかけるわけです。新卒でも浪人してたり留年してたりすると、本人の能力なんかよりもそっちに関心があるというか。ある程度生きていたら、そりゃスネに瑕のある人なんていますよ。そこんとこグリグリするのが大好きなんですね。面接官はサディストが多くなるんでしょうか。

よく「優秀な人材」というけど、あんなのは大嘘です。日本企業の好きなのは経歴に瑕のない無難な人です。

ニートとして生きていく覚悟ができると達観する

採用試験で落とされると困る立場だと、どうしても下手に出てしまいます。しかし、ニートとして生きていくと達観してしまうと変わってきます。こっちの方から会社を面接してやろうという感じですね。

そこで、適当なベンチャーを見つけて、面接官とかできれば社長にあれこれ雑談をもちかけ、その反応で相手を判断します。そうすると、取るに足らない企業はたくさんあるし、だったら別に落とされても困りません。

ニートのくせに、社会人を取るに足らないなんて生意気だと言う人もいるでしょう。しかし、生意気だという風に重うとしたら、それは企業と受験者が対等ではないという先入観にとらわれています。

ベンチャーに限って言うと、こっちから面接してやるというくらい尊大な態度は案外うまくいくような気がします。まあ、採用には至ってないわけですが、社長と会うところまでは行ったりしています。大企業だと一次落ちばっかりなんですけどね。

でも、こちらがすぐに「あー、だめだこりゃ」と思う面接官相手だとすぐに切られます。相思相愛じゃないとうまくいかないんですね。自分が嫌いな相手は相手も嫌いと。

リア充至上主義はそれなりに合理性があるのか

もし、面接というのは下手に出て、相手に気に入られようという態度がマイナスだと仮定しましょう。

これは、私が日頃から言っている尊大な男は女にモテるのと同じ仮定ではないかということです。自信満々な態度を取っていると強い男だと誤認します。自分(女)にちっとも優しくないし、それどころか陵辱の限りを尽くしてポイ捨てするような男が好きで仕方がない。よく「私は男運がない」と愚痴をこぼしている女は大抵このタイプです。

逆に相手に気に入られようと下手に出ていると、弱い男に見えて「いい人なんだけど・・・」ってことになるように思います。

企業もこれと同じだとすれば、自信満々な態度で受けに来る人は強そう(優秀そう)に見えがちと言えます。また、経歴に瑕のない(恋愛で言えば自分の容貌に絶大な自信のある)人ならば、卑屈になる必要はありませんから、やはり優秀そうに見えます。

リア充至上主義は根っこではなく、企業の採用方針が無難な人間を好むことと両輪をなしているのかも知れません。