iMacにFusion Drive版を選んで後悔している

広告

Fusion DriveというのはHDDにSSDを組み合わせて、大容量と高速性を両立しているドライブです。

だいぶ前になりますが、iMac 5Kを買いました。素晴らしいパソコンだと思いますが、一つ後悔しているのはドライブにFusion Driveを選んでしまったことです。Twitterにでも書くべき愚痴ですが、自分のブログがあるのでぶつぶつ言ってみることにします。

Fusion Driveはやはり遅いです。何かあるとHDDがきゅーんと動き出してゴリゴリアクセスします。最近のMacBook ProなどはSSD版しかないので長らくSSDを使ってそれに慣れた身からすると耐え難いほど遅いのです。

次にiMac 5Kはストレージの交換が非常に面倒くさいのです。画面を取り外して配線を傷つけないように細心の注意を払って交換しないといけません。デスクトップなのにノートパソコンよりずっと面倒くさいのです。

結局、私はSSDへの換装を諦めてUSB 3.0のSSDにOSを入れて起動しています。普段使いとしてはこれで困ることはないのですが、やはり本体に内蔵されているドライブがFusion Driveということでたまに交換したくなります。

ですので、iMacをこれから買う場合には、内蔵ストレージはSSDにして、容量が足りない場合にはHDDなどを増設するのをオススメします。最近はクラウドでも1TBくらいは手が届く価格で契約できるのでHDDはもういらないかも知れません。