若者が自民党を支持する理由

広告

なぜ若者は自民党を支持するのか。
実際に若者の声を聞くと、まず聞こえてくるのは経済政策への評価だ。
都内の私立大2年の男子学生(21)はこう語る。
「自分と高校も大学も同じ2歳上の兄がいい会社に就職できているし、サークルの先輩も就活に成功している人が多い。アベノミクス以降、株高、企業の業績向上、ベースアップが実現している。このまま今の売り手市場が続いてほしい」
地元の広島県では、叔父が人材派遣会社を経営しているが、安倍政権になって以降、会社の調子がいいとよく聞く。近所の自動車部品工場でもトラックの行き来が明らかに増えている。
「民主党政権時代は大変だったと聞いています」
地方の国立大3年の女子大生(21)も、今回自民党に投票するという。「政権交代以降、売り手市場になっていて、先輩たちの就活も安定している。失敗している人はあまり聞いたことがない」と語るなど、アベノミクスへの評価は高い。
実際、9月29日に発表された平成29年版厚生労働省「労働経済の分析」によると、全ての年代で失業率は低下傾向にあるが、中でも15〜24歳の若年層の失業率は第2次安倍政権誕生以降、大きく低下している。

「売り手市場が続いてほしい」——20代が希望の党より自民党を支持する理由

という記事がありました。これ自体はとてもよくわかります。

いま就職を控えている学生(高校3年生、大学4年生、大学院 etc..)さんが1年あたりどのくらいいるかわかりませんが、だいたい100万人くらいいると推計します。22歳人口はたぶん100万人くらいですが、就職活動をしない人もいて、そのかわり高校生や大学院生がその穴を埋めるのでだいたいそんなものだろうという推計です。

仮にかつての民主党政権みたいな口だけで実行力のない政権ができたとすると、日本経済はまたどん底まで落ち込むことが予見されます。すると就職状況が厳しくなります。日本はなんだかんだ言って新卒カードが強い社会ですので、これから就職しようという学生さんにとっては、卒業の時期にダメな政権があるということは一生を台無しにしかねない大きな問題です。

好景気でも不景気でも関係なくいい仕事に就ける人もいるだろうし、逆に景気に関係なくニートになるしかない人もいるでしょう。それ以外の大半の人は本人の才覚よりいつ卒業したかが生涯賃金に与える影響が大きいと思います。まともな政権とダメな政権で生涯賃金が1億円くらい変わってくるかも知れません。それが100万人規模で数年間ですから、自民党にお灸をとか面白半分でクソ政権を選ぶととんでもない損失を生み出すことになります。

ロスジェネ世代を見ればわかりますが、うまく就職できなかった人も消えていなくなるわけではありません。この人達も年をとり、元気に動ける間は非正規なりブラック企業なりで自分の生活費程度は稼ぎますが、結婚や子育ては難しく、また年金もきちんと支払っていない人も一定数いるでしょう。この人達が高齢化した場合には大量の無年金の高齢者が現れることになります。この人達をどうすればいいのでしょうか。生活保護を大量に支給するのでしょうか。クソ政権を面白半分に生み出すことは、短期でしか物を見ないのなら数年の出来事に過ぎませんが、長期スパンで物事を見た場合には日本社会に多大なダメージを与えることになります。

ですので、合理的に考えた場合には自民党を選ぶのは正しい選択のように思います。

私は日本の就職活動では全然ダメだった部類です。しかし仮に私が日本でうまくいっていたとしたらどうでしょうか。経産省とかその辺で官僚をやっていて、世間からは勝ち組だの安定した公務員だの言われてチヤホヤされるものの、つまんない仕事をして平凡な人生を送っていた可能性があります。私がいまアメリカでチャレンジングな仕事をしつつ、円に直したらびっくりするような給与を得て(生活費は一般に高いですが、私は月に1500ドル以下で生活しています)、グリーンカードにも手をかけている(日本に戻るかアメリカに永住するかどちらでも選べる)のは、私が日本で全然ダメだったからです。

一般に出身国が豊かでない人のほうがアメリカに絶対残るという意欲が強いのです。日本は豊かな国だから自分の国でもいいかと思ってしまうのですが、東芝のように一流企業に内定を得て安心していたら倒産の危機なんてことは今後はどんどん増えてくると思います。

ですので、もしかすると安倍政権を倒すしか目標のない人たちが間違って政権取って、具体的な経済政策も外交のパイプもない、さてどうすっぺ?と混乱している間に日本がメチャクチャなことになるという悲劇的シナリオのほうが、長期的にはうまくいく人が増えるかも知れません。今の自民党政権で株価も高く、企業業績もいいように見えるのも一時的で、長期的には沈みゆく船なのですから、早いうちに飛び出そうとする人が増えるほうがよいのかも知れません。下手に自民党政権を選んでしまって、就職事情がよくて、数年前の東芝みたいな会社に喜んで入って一生安泰だと思っていたら大変なことになるよりは、若いうちの苦労は買ってでもしろということで、ダメ政権を選んで人生を本気で見つめるのも悪くないかも知れません。

しかし、私はどちらかと言うと運がいい方なので、個人ベースで見たらクソ政権が現れたことによって人生好転する人もいるでしょうが、平均値を見たら安定した政権を選ぶほうがいいのかも知れません。

かも知れないばっかりですし、自民党支持がいいんじゃない→クソ政権を選ぶと人生本気で見つめる人が増えるからいいんじゃない→やっぱり安定政権がいいんじゃない?という何書いているかわかんない記事でした。