『「熱意ある社員」6%のみ』だそうですが、社畜はどのくらいいるのかな?

広告

 世論調査や人材コンサルティングを手掛ける米ギャラップが世界各国の企業を対象に実施した従業員のエンゲージメント(仕事への熱意度)調査によると、日本は「熱意あふれる社員」の割合が6%しかないことが分かった。米国の32%と比べて大幅に低く、調査した139カ国中132位と最下位クラスだった。

 企業内に諸問題を生む「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」の割合は24%、「やる気のない社員」は70%に達した。

(中略)

「それ以上に問題なのは『不満をまき散らしている無気力な社員』の割合が24%と高いこと。彼らは社員として価値が低いだけでなく周りに悪影響を及ぼす。事故や製品の欠陥、顧客の喪失など会社にとって何か問題が起きる場合、多くはそういう人が関与している」

「熱意ある社員」6%のみ 日本132位、米ギャラップ調査

残念ながら今の日本の会社の大半は、生活のために時間を切り売りするような職場が多く、情熱を持って取り組みにくいのは仕方がないことでしょう。給与は低く、仕事はつまらなく、将来性もそんなにあるわけでもなく、周りには社畜がいっぱいいてうんざりする、なんて職場は多いと思います。

不満を撒き散らす無気力の社員が問題であると書いてありますが、個人的に日本の会社で一番問題なのは社畜だと思います。社畜はバズワードで定義が明確ではありませんが、私の解釈では社畜はホラー映画に出てくるゾンビみたいなものです。ゾンビに噛まれると噛まれた人もゾンビになって他の人を襲い始めます。ブラック企業に入社するまでは普通の人間だったのに、ブラック企業に潜む社畜に接しているうちに社畜になってしまいます。社畜は自己犠牲に生きている労働者ではありません。他の人が有給休暇を使いたいとか、定時に帰りたいとか、残業代は出してほしいとかごく普通の要求をしていても、社畜があれこれもっともらしい理屈(残業代を払ったら会社は潰れてしまい、みんな露頭に迷う、お前たちがわがままを言うことでみんなが迷惑するんだ等の屁理屈)をこねくり回して他の労働者の幸せを制限します。自分自身が搾取されている末端の労働者なのに気分だけは経営者側です。

社畜が社内にいると本人がハードワークをしているだけではすまず、社畜の周りの人までもが社畜のような働き方を求められます。いわく社会人としてはそれが当然だとかそんな感じで洗脳していき、洗脳に負けると社畜が増えていきます。結果的に社畜がいる会社はブラック企業になりがちです。不満をまき散らしている無気力な社員なんかよりよっぽど危険だと思いませんか?

個人的には残業代を払ったら潰れる、有給休暇を取ると仕事が回せなくなるようなダメ企業は潰れたほうがいいと思うのです。ブラック企業に餌をやっているのはブラック企業を甘やかしている労働者です。ブラック企業だったらみんなで一斉に辞めてしまえばその会社は立ち行かなくなって、人材の流出を食い止めるためにホワイト化するか、それができずに潰れるかします。流動化した人員は新たにビジネスを作ったり、成長著しく人材が不足している会社に雇用されるなどして日本経済をよくするでしょう。日本が30年間成長していないのは、ものすごく単純に言えば稼げないダメ企業・ブラック企業を甘やかしているからです。日本経済を再生するなんてのは簡単なことで、人材の流動性を確保する政策を積極的に推し進めればすぐによくなるはずです。そうすればアメリカ並みとは言わないまでも、熱意を持って働く社員はもっと増えてくることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)