茶番としての就活と、それがもたらす日本の生産性の低さ

広告

皆さんが就職活動に失敗する理由。茶番とマインドセット。」という記事が話題です。

理想は、怜悧に茶番を茶番と認識しながらも、同時にその茶番に向かって全力で突撃していけるマインドセットです。世界は茶番です。無意味でくだらないクソです。でも、勝ちたかったら全力を出すしかないわけですよ。本気で茶番を演じるしかないんですよ。

個人的にはその茶番に背を向けることが大事だと思います。就活(就職活動のうち日本で行われていて、リンク先のエントリで茶番と揶揄されているもの)はそれ単体で存在するのではなくて、就活が終わった後も就活を主催している会社の中は茶番できっと満ち溢れていると思います。私は日本人は能力の高い国民性だと思いますが、その生産性の低さは先進国の中でも下の方なのは企業の生産性が低いからだろうと思っています。採用活動が終わったらすっぱり茶番をやめて生産的な業務に勤しむのなら一時的に茶番に付き合うのもいいかも知れませんが、長いキャリアをずっと茶番のために捧げるのは人生の無駄遣いかも知れません。

日本国外に出なくても茶番としての就活を避ける方法もあります。一番現実的なのは公務員になることです。公務員になるための就職活動は就活とは違います。就活根性を注入されたライバルに会うこともあり類似性を見出すこともありますが、一定の常識を踏み外さない限り就活の様式に従わなくても不採用になることはありません。外資系企業を受ける手もあります。これまたライバルが就活にすっかり染まった人かも知れませんが、1人だけ私服で面接を受けても不採用になることはないでしょう。外資系企業でも採用担当が日本人だとうるさいことを言うかも知れませんが、日本企業よりは柔軟だと期待できます。他にも自営業になる、起業する、フリーランサーになるなど日本国内に限定しても色々あると思います。