内定が出そうです

広告

ここ最近、オンサイト(書類チェックや電話での面接に通って会社に呼ばれること)に行ける率が上がっていて、行ってみるといい雰囲気でここで働けたらいいなと思うようになりました。こちらがいいと思うときは向こうも気に入ってくれているようで、いくつか内定が得られそうです。

いくつかというところが問題で、いずれも魅力的な就職先の中から1つを断らなくてはなりません。贅沢な悩みですが難しい判断に迫られることになりそうです。一つしか内定が得られなければ話は簡単なのですが。

思えば日本で仕事を探していたときはブラック企業を避けるのに必死だった気がします。他の人はどうか知らないけど、ネットを見る限りだとブラック企業は日本中に蔓延していて、電通のような一部の人が恋い焦がれるような企業ですら過労死と隣合わせの状況ですから、多くの人がブラック企業に行かずに済むように必死で頑張っているのが日本の「就活」ではないかと思います。でも「就活」を続けている限りはブラックにたどり着く運命にあるような気がします。

(ここで言う就活は日本の悪しき就職活動の習慣を指します、私がアメリカでやったのは就職活動であって「就活」とは区別します)

就活では面接を受ける側が平身低頭つとめて、会社によっては圧迫面接のような居丈高なことをしたり、法令違反の質問(親の職業を尋ねるとか)を平気でします。大抵の企業は上から目線で「なぜ弊社を志望したのですか?」みたいな態度です。納得できる理由を答えなければ容赦なく落とす、落とすための面接をしている感じがします。面接は勝ち抜き方式で、仮にある候補者が会社の多くの人から望まれていても、一次面接の担当者が気に入らなければ先に進むことはできません。

受ける側にも問題がある場合も多いと思います。安定していて終身雇用のホワイト企業を求めています。働きたいという気持ちよりは、お金をくれるパトロンを探しているような感じです。一度まともな会社に潜り込んでしまえば一生保証されることを期待して受けている人が多いような印象です。なので企業側も冷淡な対応になるのは無理もないことかも知れません。婚活パーティーで年収1000万円あると言った途端にモテはじめるみたいな感じで、そんな相手を信用できないのも仕方のないことです。こいつ俺のカネ目当てで好き好き言ってるんじゃないかと。

アメリカではその点で、多くのケースで働く側に会社に貢献する意思があり、一生養ってもらおうと思っている人は少なく、企業側も居丈高な態度であたることも少ないようです。そういう会社を何社か回ると今度は断るのが辛い気分になってきます。贅沢な悩みではありますが、今後の人生を決める重大な近いうちにしなくてはなりません。

私は一生アメリカで過ごすかどうかはわかりません。10年くらいアメリカにいたら日本に戻るかも知れません。その際に、GoogleとかAmazonで有名なプロダクトの開発をしていたという経歴は日本で評価されそうな気がします。しかし、いくら大きいと言っても、例えばSquareでソフトウェア書いていましたというにはどの程度評価されるか不透明です。ある程度アメリカに詳しい人でないとSquareというとファイナルファンタジー作ってるところ?みたいな印象を持つでしょう。

大手を選ぶか、楽しそうなところを選ぶか、そこが難しいところです。