近況:EdgeRouter™ Xを買いました

広告

少し前に「EdgeRouter X がすごい」という記事を読みました。サンノゼの会社で他社なら数百ドル(数万円)するルーターと同等以上のルーターが50ドルで買えるというので早速買ってみました。日本では1万円くらいで輸入品があります。

またiOSやmacOSの最近のバージョンでVPNとしてPPTPが使えない問題があり、そのためにもルーターを買い換える必要がありました。今のところ、L2TP/IPsecで問題なくVPNを張れた・・・と思ったのですが、Windowsからは1セッションしか張ることができません。最初の接続はいいのですが2つ目以降は「リモートサーバーが応答しないため、使用するコンピューターとVPNサーバー間のネットワーク接続を確立できませんでした」というエラーが出ます。iOSやmacOSはいくつでもセッションを張れます。これはWindowsの不具合かなと思うのですが、どうでしょうか。

NAT traversal下(NAT越えしている状況下)で複数ユーザーが接続すると、ISAKMPヘッダのMessage IDが被ってしまい接続できなくなるという報告がいくつかあります。

具体的には拠点1にEdgeRouter、拠点2は普通のルーターをおいています。拠点2から拠点1にVPNを張ります。拠点2には複数PCがあります。拠点2のルーターはL2TP, IPsec passthroughが有効です。

といった問題はあるものの、うまく行けばアメリカにいながら日本のネットワークに接続できるので色々メリットがありそうです。