もし就職試験を受けるのに1社につき3.5万円かかったら

広告

これは慧眼だと思うけど、エッセンスだけ貰ってやり方は別の方法がいいと思う。

就活市場を一発で適正化できるミラクル解決法

その解決方法とはずばり、大学受験と同様、「応募検定料を、応募者が払うようにする」ということです。

実はこの点が、就活市場と大学受験市場の大きな違いです。就活市場では、三菱商事や電通やJTBに応募するのはタダです。企業側は応募システムやパンフレットを用意し、何度も説明会を開き、適性検査や面接を実施するために多大なコストを掛けています。しかし学生側はこれを一切負担しません。

一方の大学受験市場では、入試のコストは受験生が払っています。早稲田大学の受験料は35000円らしいので、政治経済学部と法学部と商学部と社会科学部を併願すれば、14万円かかります。

いまの醜活では多くの学生は人生を人質に取られていると思っている。それは幻想かも知れないけど、ほとんどの人にとっては実際にそうだと思う。なぜなら、過去に新卒採用で失敗した人がその後に挽回したという例はごく一部の幸運児にしか訪れなかったから。

もし1社受けるのに3.5万円の検定料がかかったとしても、人生がここで決まるという大一番ではアイフルに駆け込んでも100社とか受けるでしょうよ。ここで引いたら一生負け組、お金がなくてろくに結婚もできないし、年金も国民年金を自分で払うだけで満額納めても月7万円と生活保護を取った方がマシなレベル。それどころか現役時代だって働かなくてもいいことを考えたら生活保護のほうがいいんじゃないかという賃金に、国民健康保険も自分で払う。さらに雇用の安定性もないのでいつ解雇されるかわからない。仕事も大抵は面白みもなく、キャリアの一貫性もない。いわゆる正社員が役得をするようなこと、会社の費用で海外に行けるとか、接待で自腹ではいけないようなレストランに行くとか(そんな社用族は減りつつあるだろうけど)福利厚生とか一切なし。そんな瀬戸際にいるのだから、アイフルで350万円借りるくらいのことはすると思うよ。あるいは水商売とかぱーっと稼げるバイトに就く学生が増えたり、そういうのができない人はもっと後ろ暗い金策に手を染めたりして。

おいらが前から言っているんだけど、醜活がなぜ醜活たり得るかというのは、企業がSPIみたいな小学生でも解けるような試験を課して優秀な人材を判別できるとなめ腐った考え方をしているからだろう。企業が手間をかけず優秀な人材がどんどん採用できたらいいな、みたいな甘っちょろいことを言っていて、そこに悪質な業者がつけ込んだのが醜活という悲劇。ちきりん案はそれを検定料を払えばいいと言うのだけど、王道としては本来の採用に近い、優秀な人間を絞り込むことに全力を尽くすことだと思う。

具体的には、キャリア公務員レベルの予備試験を課して通過した人だけが面接に行かれるようにするとか、外資系企業でやるように面接をしっかりやるとか、つまり真面目に採用すればいい。企業によってはTOEICの点数で絞り込んでもいいし、どちらかというと他業種には使い回せないようなハードルの方がいい。

結局のところ醜活をやめれば今の就職市場は正常化するんじゃないかな。また、そうなれば企業を構成している人材、その人材獲得のプロセスが一部の醜活業者の金儲けの道具にされることもなくなり、企業の業績も上向くことも期待できる。