内定ブルーを見た

広告

企業が内定を出すのが早まっている

2002年の内定時期のピークは5月下旬〜6月くらいだったそうだ。それが今年は4月中旬〜5月中旬と、ほぼ一ヶ月前倒しになっている。

しかし2002年というと不景気のどん底の時期じゃなかっただろうか。日経平均の底値が7,600円ほどで、それをつけたのが2003年である。実は2001年には日経平均が20,000円くらいあったので、一気に半分以下(気分的には1/3くらい)になったことになる。日本を代表する企業の株価がタダ同然で、総合商社も倒産するとか言われていたらしい。

そんな時代なので、サンプルに持ってくるにはあんまり適切ではないかも。バブルの最盛期のほうがいいような、でも昔すぎるのも問題か。

企業は本当に自分を必要としているのか

多くの企業はあまりにあっさり内定を出す→本当に自分自身を見て貰っているのか?って考えるそうです。まあ、人物本位なんかじゃないですよ、間違いない。

簡単に内定を出す会社はいい会社とは思えない、バイトの面接と変わらないという意見もありましたが、鋭いと思います。さんざん非正規を増やしてきた企業が、非正規だと逃げられるとかそういう理屈で囲い込むために正社員化を進めているだけであり、まだ能力までは求めていないんです。外で性犯罪を起こしちゃうくらいの脳みそピンク色の人でも余裕で内定取れます。いい時代ですね。

贅沢な悩み

数年前の氷河期はチャンスがなく、最近になってやっと非正規→正規になろうとしている人がいるのに、余裕で複数内定取れちゃう人はその状況に納得がいかないというわけです。

学生のランクをA〜Fランクに分類すると超氷河期でもAランクは余裕で仕事は見つかったでしょう。Bランクくらいだと不本意な仕事に就いた人も多いようです。Cランク以下は非正規だったりフリーターだったり、いわゆる負け組になっています。

売り手市場だとCランクなら30歳で年収1,000万円の会社の正社員になれます。結果的に売り手市場にちょうどいい時代に生まれたCランクやDランクの人材が、氷河期のBランクの人間を見下すわけです。ガリ勉なんか世間は求めていない、今の時代はコミュニケーション力だとか。

売り手市場のAランクの人はほとんど国内は見ていない気がします。やれ外資系投資銀行(沈没したけど)とか、外資系コンサルとかに目が向いていましたね。メガバン・国内証券(野村)・総合商社なんて負け組の行くところさなんて意見もネットではちらほら見かけたりもしました。

大学崩壊

番組でも指摘されていましたが、内定を早く出すほど学生が悩む期間が増えます。そのため、内定者を海外に拉致旅行に連れて行って他社の選考を受けさせない会社もあります。来ないと内定取り消しだし、大学の授業どころじゃありません。

また、そうでなくても就職活動を続ける人が多いため、大学4年生は勉強どころではありません。採用時期も前倒しされていますので3年生の夏くらいからリクスー着て走り回る学生もたくさんいます。通常は4年間通う大学で実に2年間は就職活動およびその準備などに蚕食されることになります。今の大学は短大みたいなもんです。大学を卒業しても基礎知識が身についていない人は山ほどいます。

大学を卒業しても研究のやり方を知らない人が増えたという話もあります。研究職を採るなら修士にしとけよって思うけどねー。でも、大学生だったら基礎実験くらいは履修しているでしょとも思います。私大はぬるま湯なところが多いらしいけどね。

これは、悪いのは大学ではなく企業にあると考えます。そもそも、企業の採用はリア充至上主義だし、報道を見ても就活雑誌を見ても要求水準は極めて低いですよ。そういう人材しか欲しがらない企業が大学生を馬鹿にしたような気がします。東大もそうだけど、国立大学みたいに無骨に学問なんて言っていると馬鹿にされます。リア充大学の人は東大を見下していますからね。

のび太化する企業

ドラえもんという漫画のキャラクター、のび太くん。彼はよく「どらえもーん、何とかして」と言います。今の企業はこれと同じです。

企業ものび太も漠然とした理想は持っています。しかし、そのために何をしていいかわかりません。そこでコンサル(ドラえもん)の登場です。

企業はコンサル(某Rみたいな人材コンサル)に「何とかして」と頼ります。企業業績の向上などの漠然とした理想はあるのだけど、どうしていいかわからない。しかし、コンサルは往々にしてドラえもんよりも劣る知性しかありません。ひみつ道具も持っていないしね。でも仕事ですから頭をひねって何らかの策を提示しますが、大抵はろくでもないことです。

その結果が今の採用現場です。SPI程度の問題が解ければ十分の、大学ではろくに勉強せず合コンなどでコミュニケーション力を学び、アピールすることと言えばバイト経験であり、学力なんか求めない。それでいて、さらに大学の後半2年間は就職活動に充てようというものです。

これでは日本はまともになるはずがない。ある程度の能力ある人が腐るのは勿体ないことです。