Office Mac 2011英語版のライセンスは日本語版でも使えるらしい

広告

未確認だけど

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1473646794

英語版が日本語版で使用できるようになりました。ありがとうございました。

英語版のプロダクトキーを日本語版に入れても使用可能らしい。「Microsoft Office for Mac Home & Student 2011」は「1パック 1ユーザー|1 Mac ¥15,750」だそうだ。Amazonで買えばもう少し安いけど。英語版のAmazonダウンロード版だと89.99ドルで買える。1ドル80円換算で7,200円くらい。正規料金の半額以下で買えることになる。

問題はRetina対応だけど

The Verge:Microsoft、Office for Mac 2013のリリース計画はないが、SkyDriveやOffice 365に対応したアップデートをOffice 2013発売後に提供する予定だとコメント

The Vergeが、Microsoftは、Office for Mac 2013のリリース計画はないが、SkyDriveやOffice 365に対応したOffice for Mac 2011用アップデートの提供をOffice 2013発売後に提供する予定だとコメントしたと伝えています。

新しいOffice for Macは、Office 2013と同時に発売される予定ではないようです。

こっちのアップデートで対応されるのか、もう少し待った方がいいのか。いつもの通りだとOffice 2013が出た少し後にOffice 2014 macが出る。また、Office Macは2004, 2008, 2011と来ているから次は2014あたりになりそうな予感がする。