MacBook Air (Late 2010)にWindows 8 RPをインストールする際に苦労したこと

広告

MacBook Airには光学ドライブがないからBoot CampをするにはUSBメモリにWindowsのインストーラをコピーする必要がある。これを手動でコピーしても先に進むことはできず、Boot Camp Assistantを使う必要がある。Windows 8をBoot Campで入れる方法は既に色々書かれていて『BootCampでWindows 8 Release Previewをインストールしてみた』などが参考になるが、当たり前のように「Windows7インストールディスクを作成」を選択するように書いてあるけど

Screen Shot 2012 07 12 at 0 31 44

のように「Windows7インストールディスクを作成」がない。インストールディスク自体は他の方法でも作れるけど、ここをパスしないとBoot Campで先に進めないので困ったものである。

あれこれ手を尽くして見つけたのは、Boot Camp Assistantのパッケージを開いて、Info.plistを編集すること。まず、DARequiredROMVersionsという項目にROMバージョンを追加してやる。どういうわけか一番上に書かないとダメらしい。ROMバージョンはSystem Informationを見れば取得できる。

Screen Shot 2012 07 12 at 0 30 21

今回はMBA31.0061.B07だった。また、USBBootSupportedModelsの先頭にもMBA31を書き加える。編集しようとするとパーミッションが云々というので、Terminalでsudoして書き換えた。

Screen Shot 2012 07 12 at 0 32 20

この状態で起動すると

Screen Shot 2012 07 12 at 0 31 10

無事にUSBメモリにインストーラを作成することができた。

Screen Shot 2012 07 12 at 0 33 06

あとはトラブルなくWindows 8をインストールできることを期待するのみである。しかし、わざわざ手間をかけて不便にするとはね。たぶんBoot Camp Assistantを担当したチームは腕がよくないのだろう。日本のようなIT土方だったら工数を無駄に増やして収益を確保することはよくあるらしいけど、一流企業ではそういう必要もないだろうから、単に設計が悪かったとしか思えない。まずインストールディスクを作成しないと次に進めない設計がよくない。別のツールを使ってインストーラを作る場合もあるだろうし、なんでこんな「俺様の作ったソフト以外は認めねーぜ」みたいな設計になっているか分からない。あとはポリシーの問題もあるのだろうけど、動作確認の取れていない機種でも確認のメッセージを出した上で先に進めるようにする方が親切ではないか。

2 件のコメント

  • はじめまして。
    友人かあ譲り受けたMacBook Air2010lateにWindows7を入れようと思い、四苦八苦しておりましたところ、このサイトにたどり着きました。
    最終的に「Terminalでsudoして書き換えた」と記載されていらっしゃいますが、具体的にはどのように書き換えれば宜しいのでしょうか?もしよろしければ、ご教授頂けますと有難いです。ちなみにMac初心者でSございマス。

  • 以前のことなので記憶が抜け落ちていますが、画面を見るに

    sudo emacs

    したのではないかと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)