アメリカの専門職就労者への就労ビザ申請件数が大幅増加

広告

ぼーっとWBSを見ていたところ、次のようなことを言っていた。

  • アメリカで専門職就労者向け就労ビザの申請が大幅に増えている
  • ITやバイオなどの先端分野の技術者の就労ビザは1週間で25,600件になった
  • これは政府が決めた上限の3割である
  • 去年は1ヶ月かけて14,000件だった
  • 今年の申請ペースはかなり速い
  • 景気の回復で企業が採用を増やしている
  • アメリカ国内での人材難が問題になっている
  • 特にIT分野では需要が供給に追いついていない
  • プログラマなどのビジネスサービスの業種別求人数は2010年でおよそ40万人だが12年では70万人

何やら気になったので検索をしてみたけれど、日本語では検索が下手なのか見つからなかった。英語ではいくつかあって

Skilled-Worker Visas See a Surge in Demand In a sign of the improving economy, the U.S. government saw a sharp rise in petitions for skilled-foreign-worker visas during the first week of this year’s application season. The U.S. Citizenship and Immigration Services has received 25,600 petitions for H-1B visas since April 2, nearly twice as many as it received for the entire first month of last year’s application period. The agency began accepting H-1B petitions last week for jobs with a start date of Oct. 1 or later, typically in computer programming, engineering and other high-tech fields where there is sometimes a shortage of qualified Americans. “Given the improved economy…it would not be surprising to see the quota filled very early this year,” said Stuart Anderson, executive director of the National Foundation for American Policy, an Arlington, Va., group that studies the H-1 program. The H-1Bs fall into two categories. Each year, a maximum 65,000 visas are granted in a general category of skilled workers. An additional 20,000 H-1Bs are allotted to foreign nationals who hold an advanced degree. Last week, the immigration agency received 17,400 petitions in the general category and 8,200 in the advanced category, for individuals who usually have a Master’s degree. In contrast, last year in the first week, the government received 5,900 H-1B petitions counting toward the 65,000 cap, and about 4,500 petitions for the 20,000 visas set aside for people with advanced degrees. In all of April 2011, the government received a total of about 14,000 petitions in the two categories. In the first application week in 2010, the agency received 13,500 general petitions and 5,600 petitions for individuals with advanced degrees. (後略)

まあだいたい日本での報道と同じようなことが書いてある。ここで以前にItsNotTheSameさんがくれたコメントを再紹介したい

アメリカでの就労ビザ取得はおもにH1Bをさします。これは企業がスポンサーになってこの従業員は我が社に必要でかつアメリカ人では代わりがいないというときに移民局にビザを申請するものです。アメリカ人で代わりがいないというのは一ヶ月自社もしくは公共の場所に求人広告を出して応募したアメリカ人でいい人がいなかったという証拠が必要となります。ですがこれはまあ有名無実なので実際外国人を雇った後一ヶ月広告を出した後ビザを申請します。(当然応募した人は誰も面接に呼ばれません)
 H1Bは数に限りがあって希望者が枠より多いと抽選になります。ということは景気が良くてこようがいいと申請数が多くて景気が悪くて希望者少ないととれるということです。景気がいいときはせっかく採用しても外国人だと自社のために働けない可能性がある訳です。いまは景気悪いのでオファーはとりにくいですがビザはとりやすいです。
 普通はこの手続きは社内の弁護士が行いますが小さい会社で法務がなければ専属弁護士に頼んで$5000くらいかかります。

雇用が増えてアメリカで十分な雇用ができないとH1Bビザが取りにくくなるわけですね、あたりまえだけど。興味深いのはアメリカ人を優先するかと思えば、あくまで建前であって実際には外国人の雇用を決めてから広告だけ出して採用はせず外国人しか見つかりませんでした的な申請をするってことです。

さて、おいらのアメリカ就職はどうなりますやら。