《醜活》地獄から抜け出すアイディアをひとつ

広告

アメリカで働いている人とあれこれ話して思ったことをちょっとだけ。彼はどうも日本の《醜活》はそれほど深刻に見ていないらしい。ざっくり言うとほとんどの学生が知恵がないから《醜活》に邁進して疲弊してNNTになるけど、そのうち知恵をつけるから大丈夫ということらしい。そのうちとはいつなのか。彼は一世代くらいだろうと言うけど、今の《醜活》生はロスジェネ世代の教訓を活かしていないように見える。いや、活かしているから《醜活》に熱心なのかも知れない。職歴なし既卒になったらああなるぞという恐怖があって少しだけ戦略を変えてきているのかも知れない。だから、決定的には変わっていない。結局、新卒でいい企業に入らないとという強迫観念で動いている。

コネ採用

彼が言うにはコネ採用が普通だという。アメリカでもそうで、バカ正直に企業の募集に対して履歴書を送っても読んで貰える可能性は低いという。アメリカに行けばハッピーというわけでもないようだ。だからコネを見つけてそこからねじ込むことでうまくいく可能性が高まる。社内の誰かから紹介された履歴書ならある程度きちんと読むらしい。

では、コネはどのように作るか。一つにはミートアップに積極的に参加することらしい。そう考えてみると、意外と日本でもIT分野に限ってならそういう話はあるような気がする。それで上手く行くかどうかはわからないけど。そもそもITだと野村総研とかNTTデータのような会社に入ろうと思ったらコネはよほど強力でないと意味がないと思う。ある社員Aが協力してくれても採用の流れに何か介入することはできないだろう。

しかし大企業でないのならありそうな感じ。個人的に縁があるせいかよく目につくのはECナビという会社を会場にしてよく勉強会のようなことをやっている。こういうところに足繁く通ってコネを作りそこから就職という道もあるかも知れない。

特許業界

特許事務所はかなり特殊な採用をしていて、新卒採用をあまりしていなかったり《醜活》とは一線を画しているところがある。採用された人もどこかに以前勤めていた中途とか、あるいは職歴なしなんて人もちらほらいるようで、そういうところは行こうと思えば案外簡単に行ける(から受けに来いよと中の人に言われている)。年収はそこそこいいけれど、退職金が出ないとか若干特殊な業界だとも聞いている。

結局は組織の風通しの問題か

よく聞く話、現場で「ぜひ欲しい」という人材が会社を受けようとして「○○課の○○様の紹介で云々」と伝えたところ「では採用ページからエントリーして下さい」と言われ、その通りにやったら早々に不採用になってしまい、現場は大いに落胆したという話がある。現場が直接採用に関わることができるならそういうことにはならないのだろうけど、現実ではこんなものである。

このような状況ではたとえコネを作ったとしても、そのコネと採用プロセスがうまくつながらないため結局は採用されない人は採用されないってことになるのだろう。それを避けるのが特殊な業界とか、あるいは組織の風通しのいい小さい企業ということになる。今の学生は有名企業志向だから、そこんとこでやっぱ《醜活》をせざるを得ないわけである。

結局のところ、今の逃げ切り路線の大企業がバタバタ倒れて、その代わりに新しい風通しのいい企業が出てこないとどうしようもないのかなあという気がする。前述の彼はあまり心配していないと言うけど、おいらはたぶん日本は派手に挫折する日があと20年以内には来ると思っている。20年というのはロスジェネ世代が60歳を迎える頃、つまり全労働人口に団塊やバブル世代のようにらくらく就職できた世代がいなくなるころである。

最後に、彼のポジティブさはなかなか見習うべきところがあると思う。例えば職歴なし既卒は採用されないということを言うと「じゃあ、職歴を捏造すればいいじゃない?バレたらクビ?最悪クビで上手く行けばポジションゲットなら期待値としては悪くないね」みたいな感じ。