あなたにもできる、障害年金2級不正受給

広告

障害年金「2級」狙い、うつ病患者対象の「攻略本」出回る…不正請求を誘発する恐れも』という記事がある。

★障害年金:「攻略本」ネット販売、うつ病患者「2級」狙い

うつ病患者を対象に障害年金2級を受給することを目指したマニュアルが複数のウェブサイトで販売されている。2級に認定されやすくなるような診断書を主治医に書いてもらうための方法が書かれているが、不正請求を誘発する恐れもあり、関係者からは「攻略本のようで好ましくない」と問題視する声が上がっている。【奥山智己】

障害年金は、厚生年金が1〜3級、国民年金が1、2級に分かれている。厚生年金の場合、平均標準報酬月額と加入月数によるが、平均支給額は月額で1級約16万円▽2級約12万円▽3級約7万円。国民年金の場合、年額で1級約99万円▽2級約79万円で、さらに子どもがいれば人数に応じて加算される。申請には医師の診断書が必要だ。

ウェブサイト上で販売されているマニュアルは少なくとも6種類ある。数十〜100ページで販売価格はほとんどが1万円前後だ。

あるマニュアルでは、1級は寝たきり状態でなければ認定されにくいとして、2級を目指すことを提案。認定されやすい診断書を書いてもらうポイントを紹介している。

例えば、診断書には食事を自分で取れるかや、お金を管理できるかなど日常生活能力を尋ねる六つの設問があり、「自発的(適切)にできる」「自発的に(おおむね)できるが援助が必要」「自発的にはできないが援助があればできる」「できない」という内容の四つの選択肢がある。マニュアルは、6問のうち3〜4問で「自発的にはできないが援助があればできる」との選択肢にマルをつけてもらうことが望ましいとしている。

ソース:毎日新聞 2009年12月19日15時0分 更新:12月19日16時9分

さらに、こうした診断書を書いてもらうため、医師に過去の受診歴や症状などを書いた書類を提出することが重要と指摘。作成の際には「もちろんウソは書けません」と断りながら、2級の基準を満たすような表現になるよう「多少オーバーに」「医師を誘導する感じに」書けばよいとしている。

別のマニュアルを作製・販売している40代の男性は「年金の受給経験があったので、うつ病患者のため、他のマニュアルを参考にしながら作った。悪用は想定していない」と説明している。

元東京都精神保健福祉課長で「まいんずたわーメンタルクリニック」(渋谷区)の仮屋暢聡(のぶとし)院長は「マニュアルは違和感を感じる。年金制度を詳しく知らない医師もおり、不正を招きかねない」と指摘する。社会保険庁年金保険課は「マニュアルによる不正請求の例は聞いたことがないが、攻略本のようで好ましくない」と話している。

年金の不正受給は割に合うか

このエントリを書いた理由は不正受給を勧めるのではなく、不正受給が堂々と行われているということを発信したかったから。

記事にもあるように障害年金1級を取るには寝たきりであるなどの理由により2級が狙い目とのこと。2級も身体障害者だと発覚しやすいので鬱病を名乗るといいようだ。では2級を取るのは難しいかというと、そうでもない。やれば誰でも簡単に・・・簡単というと語弊はあるが、年金の不正受給を目指して精力的に頑張れば精神障害者2級の手帳は取れるようである。情熱を持って一つのことに打ち込めるというだけで鬱病は詐病だと思うけど。

障害年金の不正受給は難しくなく、1年6ヶ月にわたって不正受給するぞという気持ちを持ち続ければ毎月12万円くらいのお金が入るのだから、ニートにとっては割に合うと言えるだろう。それ故に深刻なのだけど。誰もこんなの割に合わないよと思うのであれば不正受給する人はいなくなるのに。まさに働いたら負け。

不正受給への道

不正受給をするにはおおよそ次の物が必要と思われます。

  • ほいほい診断書を書くアホ医者/詐病を見抜けない藪医者/わかっていて書いちゃうモラルの低い医者
  • 医師の診断書
  • 自立支援医療申請書
  • 家族と世帯を分けておくこと
  • 受診者の世帯の所得状況等が確認できるもの
  • 年金の掛け金を半分以上払っていること(22歳なら2年間の半分の1年分)
  • 初診から1年6ヶ月以上経っていること

医者はアホ医者が見つかるまで何度でも病院を替えましょう。まともな医者は裁判でも証拠能力のある診断書を患者が自称鬱くらいでは書いてくれませんが、アホ医者はそこんとこ問題なしです。藪医者はたくさんいます。

あとはブラック企業でも何でもいいので厚生年金にさえ入っていれば「社畜万歳、過労死するまで御社に尽くします」とかなんとか言って潜り込んで、入社した瞬間に鬱病で倒れます。あとはそのまま年金不正受給コースへ突入すればOKです。

不正受給をしているやつは山ほどいる

繰り返しますがこのエントリの目的は不正受給の撲滅です。こっそりやっていればわかりにくいけれど、有名になってしまえばそのうち対策されるだろうというのを期待しています。マイナーなブログではあるけど、一石を投じる機会になれば幸いです。

クソ政府は何とかならないものか

年金や生活保護の不正受給はたとえ政府を倒してでも止めるべき事項の一つだと思うんだけど、そんなことを書くと危険人物認定されちゃうのかなあ。あのクソ政府がある以上は不正受給の人に生活保護が支給され続けて財政を圧迫しひいては国民全体の不利益になる。日本って政府を打倒する発想がない。日本政府から日本を守ろうという発想がない。日本政府は日本そのものではないのに。

3 件のコメント

  • 日本は政府に対して行える手段は選挙に投票するくらいしかない感じですね。
    デモとかは日本の空気ではやりにくいだろうし、
    やったとしても効果が出るまで長く続かないのが問題でしょう。
    最近では社会起業家とかもあるのでしょうが、
    結局企業なので利益がでない意味がないし
    そもそも基本的に日本では起業のやり方を学んでないので
    どっから手をつけていいのかわからないのが現状でしょう。

  • 本多聡という大阪在住40代の男は不動産投資、ブログ、ネットショッピング、株の信用取引等をして遊びながら精神病の障害年金2級を貰ってますよ。このことをブログで自慢しています。
    そして精力的に不妊治療を繰り返して2015年9月10日あたりに女の子をもうけています。

    真面目に生きている人が馬鹿を見る世の中ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)