台湾バイク旅行

広告

台湾は九州と同じくらいの面積らしい。適度な大きさでバイクであちこち行くにはちょうどいいと思う。また自分で交通手段を持っていないと行くことのできない場所も多い。

どうも台湾人にとってバイク=スクーターであるらしく、大型のバイク(重型機車)はあまり見ない。香港に行くとほとんど大型のバイクなのにね。それゆえ台湾人にとってバイクは街の中を便利に移動する道具であって、遠出には汽車(普通自動車)を使うという感覚が強いらしい。

台中でバイクを借りようとしてどこに行くのかと聞かれた。で、適当にこの辺に行きたいと言ったら遠すぎる、市内にいいところがあるよとか言われた。軟弱すぎる。花蓮で旅行計画を言ったら無謀すぎる、仮にできたとしても残業みたいなもの、辛いだけで何も意味ないよって。でもやりきったよ、大和魂ならぬ社畜魂がおいらにも宿っているのかな。

日本人が台湾でバイクを運転するには日本の免許+翻訳

台湾は日本と同じく島国であるせいか意外と排他的。免許は確か1年以上住んでいる人じゃないと取れない。アメリカは比較的簡単なのに、やはり島国なんですかね。

現実的には日本の運転免許証をJAFとか日台交流協会あたりで翻訳を作ってもらってそれで乗るのがいい。これなら完全に合法的、のはずだけどどういう訳か認知されていないらしく、翻訳ではバイクを貸してくれないところが多い。

そーいえば、台湾人も日本で運転可能の筈だけど台湾の免許+翻訳で日本のレンタカー屋は貸してくれるのだろうか?

日本人が台湾でバイク(出租機車)を借りるには

結局、合法的に運転できる状況でもバイクを貸してくれないのではどうしようもない。以下、日程にあわせて2つのプランを紹介する。

数日間の短期旅行の場合

時間がないのでさっさと新幹線(台灣高鐵)で高雄に向かって高雄で借りるのが早い。台北とか台中で粘るより高雄で借りて行きたいところまで行き、また高雄に戻って返すことになる。面倒臭いけど、それが確実。

台湾はそれほど広大ではないので、高雄ー台北を往復してもそう大したことはない。

高雄も簡単に貸してくれると期待していたら案外ケチなところが多く、何件か回ることになると思う。高雄駅の目の前の店は貸してくれた。あの辺りには複数のレンタルバイク店があるので、高雄駅の目の前と言っても見つけにくいかも知れない。

噂によると南に行くほど緩いらしいから、墾丁という最南端のリゾート地まで足を伸ばすともっと借りやすいらしい。これは未確認。おいらは高雄で借りたので墾丁のレンタルバイク店は行ったことがない。

なお150ccのバイクで1日500元だった。安いとは言えない。50ccで300元/日とか、125ccで400元/日くらいは普通のようだけど。

長期の台湾滞在でバイクを使いたい場合

1ヶ月くらいかけて台湾を全部回りたいようなプランの場合はもっと大胆な方法がある。澎湖(ぽんふー)とか離島に行くとバイクをほとんど無条件で貸してくれる。免許の確認すらしないところが多く、無免許でも借りられちゃう。何かあったときに面倒臭いから免許は持っておいた方がいいけど。

澎湖のバイクは125ccが1日300元だったけど、1ヶ月まとめて借りると3,000元で借りられるところが随所にある。しかし125ccまでしか見たことがない。とりあえず125ccあれば十分だとは思うけど。

で、澎湖で1ヶ月単位でバイクを借りたら船で台湾本土に行くことができる。船だから遅く、目的地まで数時間要するけどバイクを載せることが可能。行き先は高雄とか嘉義(布袋)とか台中。高雄までは5時間くらいかかる。

注意点は冬は風が強いから船が欠航になることが多いこと、夏でもそもそも2日に1回とか船の数が少ないこと。

事故とか故障には特に気をつけよう。離島のバイク屋に連絡しても「どこにいるの?、え、台東?まじ?」ってなる。バイク屋はあちこちにあるから簡単な修理くらいはどこでもできるけど。

台湾を堪能するにはバイクは不可欠

台湾の西側はそれなりに交通網が発達しているけど、大動脈から外れるとタクシーと交渉して1日付き合ってもらっていくらとか、あるいは旅行業者のプランに乗るしかない。旅行業者は日月譚とか阿里山とか人気のところはあるけど、そうでないところはないんじゃないかな。

そうすると普通だったらタクシーを借り切って旅行するしかないのだけど、自由に動けるわけでもないし、色々面倒臭い。何より高い。だから台湾を堪能するにはバイクがいる。

主要な観光地から外れたところにも面白いものはたくさんある。原住民の集落の民宿に泊まるのは特にお勧め。今ならまだ日本統治時代の人が生きていて面白い話をしてくれるかも知れない。あと20年もすると統治時代の人はほとんどいなくなってしまう。

意外かも知れないけど台湾は日本以上に日本らしいところがある。

例えばドラマ華麗なる一族のロケは台湾で結構行われている。なぜなら日本にはあの時代の面影のある風景が残っていないからだそうだ。

興味は人によって違うだろうけど、おいらは今なら台湾に残る日本を色々体験する旅は面白いと思う。こないだもゴンドラに乗っていたら家族連れが当然中国語で話しているのだけど、突然「すばらしいですねー」って日本語で話した。おいらも「そうですね、すばらしいですね」って言ったらなんと日本語が達者な人で聞けば80歳らしい。夫婦かと思ったら息子ですって。なんとお若い。

面白いことに家族の中で日本語が普通に生きている家庭が結構ある。全部日本語で話す訳じゃないけど、突然日本語にスイッチする。息子も日本語が分かるみたいで、スイッチすると日本語で話し始める。孫になると日本語は分からないみたい。

案外そういう家庭は多い。おいらが台北で住んでいる友人の家も、その家では突然日本語にスイッチして、日本語で話し始める。日本語って英語とか中国語のようにグローバル言語ではないと思っていた。あちこちに華僑がいる中華系の人とか、ユダヤ人とか、あるいはイギリス系とかスペイン系とか・・・とは違って日本は兄弟のいない一人っ子だと思っていたけど、実はそうではないのかも知れない。