コメントお返事 3/17

広告

このエントリはコメントのお返事をします。

ばいお

POSTED BY QWERTY ON 2011年3月4日
ばいおさんの情報ありがとうございました。
調べてみたら2ちゃんスレとかあるみたいですね。

まだあるんですよね。しつこい人が多いというか。

あ、ばいおは地震でも無事だったようです。ただ停電でしばらく連絡が取れませんでした。

景気回復

POSTED BY MR.T ON 2011年3月5日

国を守ることについては、ほとんどの人は国を守ったほうがいいと言いますが、国が進んで国民を守るとは考えにくいので守る理由がいわゆるネトウヨの方の「愛国心」みたいなものになりそうです。領土問題についても、他国との交渉があるのだから「日本の領土だ」とかグダグダ言っても正直現実的でないです。

>歪んだ、厳しい雇用情勢、劣悪な労働環境、ニートやひきこもり、
>うつ病患者や生活保護受給者、ホームレスや失業者などなど・・・
>なんというか、国や政府が強力に手助けしてくれていないですね。

雇用の部分については政府がジョブサポーターを出すなどしてるようですが正直雇用があるときならともかく、今は雇用自体がないと思うので
焼け石に水だと思います。他の部分については「ゆとり」とか「甘え」とか言って世間的にも寛容でないようです。さらには、生活保護受給者は一部の不正受給者をテレビでバッシングしてその流れで本当に困っている人が受給しにくいという悪循環に陥っています。あと、国会中継で総理が「リーマンショック以降の不況からは景気が回復した」と言っていましたが仮に回復したとしてもその恩恵は国民に受けられるのかどうかも分かりません。

このエントリを書いた後の地震で状況は一転してしまいました。雇用計画はだいたい前の年の10月に決めるらしいから、2013年卒の人はどうなるのだろう?

日本は多分愛国心教育を誤ったと思います。太平洋戦争に愛国心が悪用されたため、教育において愛国心を教えることを躊躇するというか、日教組みたいなのが頑張るというか。そのためか、アンチ日教組のネトウヨさんたちも愛国心について歪んでしまっている感じ。

国民に見合った政府

POSTED BY シント ON 2011年3月6日

>歪んだ、厳しい雇用情勢、劣悪な労働環境、ニートやひきこもり、うつ病患者や生活保護受給者、ホームレスや失業者などなど・・・なんというか、国や政府が強力に手助けしてくれていないですね。国民が取り巻く環境、状況が今現在最悪なのに、問題を見逃し、国民を見殺しにしていますね。こういう差別や格差がある待遇で、国のために頑張れ! と言われても困りますね。結局の所、政府や政治家を選んだり、作ったりしているのは国民ですからね。国民自体が、ちゃんと今の厳しい雇用情勢や劣悪な労働環境をどうにかしないといけない! と言う考えをしないと何も変わらないでしょうね。

そういう意味では団塊世代の皆さんは、昨今の雇用情勢とか労働環境の異常さを認識していませんし、ニートとか引きこもりとか生活保護受給者のことを一般国民は良く思っていませんからね。一般国民が今の日本の環境、状況はおかしい! と気づかないと何も変わらないでしょうね。

なんでも国民は自分のレベルに見合った政府しか持てないらしいですよ。国民がアホだと政府もアホになるというわけです。

なんども書いている通りおいらは無理にそうした社会と戦うよりも、出て行ける人は出ていった方がいいと思っています。社会を変えるために人生を賭けたとか、上手く行けば後代に語り継がれるかも知れませんけど、その人の人生は不遇でしょう。

現代は職に就くのも難しい

POSTED BY シント ON 2011年3月10日

>最近の日本人ときたら、とかく安定志向に走りがちで、冒険や挑戦をしない。とりわけ“草食系”と揶揄される若者たちにはその傾向が強い。そうした「守りの姿勢」でいるかぎり、いつまでたっても斬新なアイデアや大きな成果は得られない、との持論だ。

昔のように気楽に職につけるものではないですよ? こういう夢とか希望とか語る人達に、決定的に欠けているのはセーフティネットの概念です。昨今の雇用情勢、労働環境を舐めすぎてますな。

そうですねー、いま60歳くらいの人は大学とか大学院を出て仕事がないとはこれっぽっちも思わなかったらしいですが、今はそれどころではないですよね。日本にいてリビアの混乱がわからないように、昔の人たちは今の就職状況は分かっていないと思います。

アメリカ国籍を手に入れる

POSTED BY MR.T ON 2011年3月10日

アメリカのことは良く分かりませんがアメリカの国籍を手に入れるのは容易ではないみたいですね。フランスと日本では日本のほうがサービスがいいと書かれていますが、このサービスを維持するために無理を重ねているのが日本でしょう。

どの記事も冒険や挑戦をしないと書いていますが正直、冒険や挑戦をする人の足を引っ張る気質が日本人にあるように思います。ホリエモンはその典型でしょう。

とりあえずグリーンカードまで手に入れば就職/転職も容易になりますから、そうすればあと5年くらいで国籍も手に入るようです。そのときは建前としては日本国籍を放棄しないといけないので完全にアメリカ人になります。ばれなきゃ二重国籍もできるらしいですけど。

ほんと、足を引っ張る人は多いですよね。全体的に低い方に合わせる力が働くのですが、その低い方も中途半端に高いので、恵まれない人が救われるわけでもなく、頑張る人が報われるわけでもなくという感じ。

日本は原子力アレルギー

POSTED BY MR.T ON 2011年3月13日

そちらが無事でなによりです。事故については、「被曝者がでた」という報道で必要以上にパニックになる可能性があります。2ちゃんねるとかでは、「政府が国民を安心させるために嘘ついた」とか、言ってる人もいました。ツイッターのRTで情報が広がっているみたいですが、デマも広がるのでやはり「情弱ツール」とみなされているようです。ただ、ツイッターは非常時に普通は使うものではないので、ある意味仕方ないのかもしれませんが。

日本では「原爆」と「チェルノブイリ」で原子力発電所のイメージが悪いのでしょう。この事故が収まったとしても、爆発など多少被害が出ているのでこのこと挙げて原発を非難する人が多くなると思います。学者などテレビとかに出ている人の影響力はあるし彼らはツイッターとかでも発言力があるのでデマを流されるとそちらのほうを信じていまいがちです。本人もそのことは分かってるのでいい加減な発言はしないと思うのですが・・・

CTスキャンしても「被曝」ですからねー。ヨウ素入りのうがい薬を飲んだり色々と混乱しているようですが、正しい情報を手に入れること、できれば学生時代に基礎的な科学の知識を勉強しておくと右往左往しなくて済みます。Twitterは使い方によっては情報が早いから役に立ちますよー。

日本は原爆アレルギーですね。核と聞くだけで怖がっちゃう。爆発は水素に引火したとか水蒸気爆発であって核爆発ではないことに注視すべきですね。そもそも原爆を作るのは難しいことで、簡単に核爆発が起きるのであれば原子炉を持っている国はすぐに核武装可能です。

原発推進

POSTED BY KRIN ON 2011年3月13日

>反原発の人たちは何を言いたいのか。

推進派のほうこそ何が言いたいのかわかりませんが、今のコスト基準で原発を水力や火力に置き換えても電気料金は別に変わりません。なぜなら原発は火力かそれ以上のコストが掛かっているから。特に核廃棄物の処理がまだ確立していないので非常に高くなります。今後安くなる可能性はありますが。

私は活動家ではありませんが以下の理由で原発はまだ実用段階ではないと考えてます。

1.トラブルの対処・・・事故は起こるものとして考えると立地を含めて今の設計はハテナがつく
2.核廃棄物の処理・・・絶対安全な処理はないのでコストをかけざる得ない
3.作業員の健康・・・毎年のように原発職員の白血病、がんの労災認定がある(労災くらいはどこでもあるが命に関わるようなのは稀)。認定されないのを入れるともっといるかも?。先月下旬には燃料加工工場で被ばく事故。

火力は原油価格がどんどん上昇しているのであまり頼りたくないところです。水力もこれ以上ダムを造るのは非合理的だし、発電量を増やすのは難しいでしょう。水路に発電機を設置するマイクロ水力発電なんかもあるけど、原発の代替になるようなものとは思えません。

確かに放射性廃棄物の処理は問題で、原発の最大の問題はそこにあると思います。最近、事故ばかり取りざたされているけど事故はそんなに起きるものではないし、起きたとしてもそう大した被害にはなりません。チェルノブイリと言っている人は多いけど、せいぜいスリーマイル島くらいだと思っています。最近の報道だとレベル7認定されそうとか言っていますが、ちょっと大げさではないかと。

あと大事なのは従業員への教育です。先の東海村の臨界事故とかの話を聞くと、作業をしている人の知識がかなりお粗末らしく、自分たちがどんなに危険なことをしているか理解しないゆえに事故を起こすケースがあります。これは原発の安全性そのものより、運用する人の無知のほうがずっと危険性が高いということを示しています。だけど、報道では原発のシステムについてばかり。

ありがとー

POSTED BY シント ON 2011年3月13日

ご無事で何よりです。御気をつけて

これからも色々混乱しそうですが、とりあえず無事です。ありがとうございます。

シリコンバレーで職探し

POSTED BY ITSNOTTHESAME ON 2011年3月14日

地震大変でしたね。ご無事で何よりです。私の実家はまあ関係ない地域ですので影響ないです。ビザを出すアメリカの企業はまともな企業ですのでビザが出る間待ってくれますよ。一番多いケースはやはりOPT中に働きながら申請するというものです。

アメリカで仕事を探すのは結構大変ですが運の要素もあるので人それぞれですね。アメリカ社会で仕事を探すのは一筋縄ではいかないので英語がおぼつかないというレベルでは楽観できないです。業種によりものすごくさもあります。アメリカ人との競合を避けるのが一番大事でしょうね。

不確定なことをがんばるのは大変ですよ。でも難しく考えすぎてませんか?ちょっと長期の旅行のつもりでとりあえず現地に行ってみて情報収集してみたら?ウィークリーマンションとかホステルとかとりあえずいけるところはいっぱいあります。でもシリコンバレーだと車が必要なのでいけるところが限られてきますね。時間とお金はかかりますがそれにみあった魅力が自身につくかですよね。ただ私はシリコンバレー行くならトルコ行ってみたほうが希少価値があると思いますよ。どうせ未来なんてわからないのであれこれ悩むよりやりたいことをやってみれば?

おいらも関東在住ですので地震そのもののは大したことがないけど、鉄道が乱れたり、停電があったり、物資が不足したり、その他の混乱の方がじわじわ効いています。お湯が使えないためお風呂に入れないのも痛い。

とりあえずUCSCのExtensionを検討中です。そのためサンノゼ行きはお金節約のためにキャンセルになりそう。けど喋る練習はしたいから、日本で英会話カフェにでも足繁く通うか、フィリピンとか学費の安いところに少しだけ行ってみるか。

ビザが発給されるまで待ってくれるというのは心強いですね。そうでないと日本の新卒と同じく就職のために学校に通い、その間に就職に成功しないと無駄になるということになりそう。

アメリカ人と競合を避けるには日本語ネイティブであることを活かせるといいですね。専門職であり、日本語ができるとプラスという仕事はcraigsあたりでベイエリアの仕事を探すと少しあるようです。大抵は飲食店ですけど、技術職でも若干はある。英語はそれほどできませんが、慣れ次第で結構いけると思っています。慣用表現とか使い慣れていないことが原因なので、慣れれば基礎学力があるから何とかなるはず。

不確定のことを頑張るのは大変ですねー。当初の予定は視察をかねてサンノゼに4ヶ月いるつもりでしたが、今はExtensionを検討しています。その前に少し英語の練習をしたいなってところ。シリコンバレーは車が必須というけど、在学中はロードバイクでも乗ろうかなと思っています。数十kmくらいならこれで移動できるはず。住居はcraigsとかで何とかします。

トルコは興味深いのですが、やはり経済規模が段違いなので教養としてはいいけど、職探しはアメリカの方が有望かなと思っています。可能ならトルコはまた数ヶ月以内に行くと思います。

1 個のコメント

  • 今回の地震の被害者で就活をしてた人がいると思いますが
    こんなことになって就活を中断せざるえなくなったように思います。
    就活というシステムはこのような非常事態のときに対応できないのが
    問題でしょう。個人のケガや病気なら「自己責任」といってすむのでしょうが
    地震などの大災害のときには対応ができません。

    ただ、このような状況でも他県では普通に仕事をしてるひとが
    いるのが多いと思いますが、正直パチンコ屋や営業会社とか
    生活にそこまで必要でないところはある程度仕事時間と
    縮小する方向に行けば、ある意味節電になるのにと思ってしまいます。
    (実際にやるには難しいと思いますが)

    原発については今回に事故の原因が東電に怠慢とか
    いろいろ言われてますが、ここまでパニックになったので
    原子力発電の批判が強くなるでしょう。
    しかも、事故のことで原発に信頼が一気になくなったので
    世界に日本の原子力発電を売り込むことが難しくなったと思います。
    ただ、原子力発電がなくても十分に電力を供給できれば別ですが
    そうでもないようです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください