コメントお返事 3/4

広告

このエントリはコメントのお返事です。

就活いじめられっこ

POSTED BY MR.T ON 2011年2月27日

就活で追い詰められる人は、「いじめらっこ」と同じ状況でしょう。助けが欲しいがあまりに追い詰められすぎて思考停止状態に陥ってるように思います。ただ、結局このニュースでは他人事のように書いているので、このニュースから就活の仕組みが改善される可能性はないでしょう。

国を守ることに関しては結局大部分の人が日本人としていやいやながらも日本を守る方向に行くのでしょう。日本人特有の「空気を読む」ということが働いてしまうのではないかと。

責任については、若者を責める言葉や要因が増えたためだろうと思います。例えば、「ゆとり」に始まり「自己責任」などです。また、「草食系男子」などじわじわと増えているみたいです。さらには、その言葉をワイドショーなどで著名人が言うことで若者を叩き、それの影響が強いようです。ちなみに自分の世代の責任は、次の世代が取ると書いていますが今の若者は経済的、精神的に結婚などがしにくいので現在はそれすら難しそうです。

空気を読むのが苦手だったり、周りにSOSを発するのが苦手な人が犠牲になる感じですね。その辺はいじめと同じ構図かも。自己責任って変な言葉で、責任って普通は自分で負うものですが、それに「自己」をつけて自分の責任でもないものまで無理矢理押しつけてくる感じがします。

「何を言ったか」でなく「誰が言ったか」

POSTED BY MR.T ON 2011年2月27日

日本では「何を言ったか」でなく「誰が言ったか」ということが重視されるみたいですね。ただ、日本人ではダメで外国人で良いというのは
変な感じがしますが、企業のビジョンではSBの孫正義社長が最近ではメディアに取り上げられていますが、彼が言うことは悪くはないのですが
正直やり遂げていないことを演説したり、さらには本の題材にしてしまうというのは違和感があります。そこまでして、自分のモチベーションを高めるということかもしれませんが。ただ、ビジョンが求められるのは企業より国の方ではないかと思います。

多かれ少なかれその傾向はあるのですが、ちょっと日本では強い感じがします。昔、ノーベル田中のエピソードで、彼は学部卒で無名だったためにあまり注目されなかったけれど、海外の著名学者が注目して初めて国内でも注目されたと。肩書きだけでなく相手の言っていることも聞いてやるともっとよくなりそう。

ビジョンは国でも企業でも個人でも大事だと思います。未来が見えるということは、意志決定の際に色々有利ですから。おいらも海外脱出が本当にベストかはまだ悩んでいますが、あとでよかったと思えるようにしたいものです。

国を守るとは

POSTED BY ななし ON 2011年2月27日

ホリエモンは極論をぶち上げるから、国粋主義者や反資本主義の人たちから脊髄反射で叩かれるけど、彼の言いたいことは常識を疑え。即ち「国を守ることは正しいか」。もっと掘り下げると「国のために犠牲を払う社会が正しいか」。大日本帝国末期の社会を肯定出来るのかですね。

別に無償で(平和のために)中国に領土を譲渡しろって言ってるわけじゃないし、自衛隊は違憲だと騒いでいるキチガイ反戦主義者とも違う。極端な話、戦争して得ならすれば?というスタンスだと思います。お前ら「国を守る」「中国に侵略される」と騒いでるけど、根本から考え直したら?という問題提起なのですね。一つは「国を守るとは何か」もう一つは「国と自分自身を切り離したら?」でしょうか。さすがオナニートさんは凄い。これだけホリエモンの意図をくみ取って、論拠までずらっと並べて、圧巻です。私は考えを整理しきれず、ネトウヨの人たちにモヤモヤした反感を抱くだけでしたよ。

草食系男子といってマスコミはヘラヘラ笑ってるけど、金を持っていない、のみならず非正社員という身分制度の下層階級に置かされて、女を口説けるのか?と言いたい。日本の社会には、静かな怒りを感じています。文化に愛着はあるし、身の回りの人たちも好きですが、国のために殉死するつもりは一切ありません。

お褒めにあずかり光栄です。結構ねむねむで書いたのでまとまりが悪いなあと思っていたところですが、せっかくだから投稿しちゃいました。

人が不幸になるカタチで国土が削られるのはあまりよくないでしょう。韓国と北朝鮮とか、昔の東ドイツと西ドイツみたいになると大変な悲劇だと思います。一方で、現在の日本の主権が及ぶところから出ていこうという人も今後は増えてくるのも確かで、国を守るというのはどういうことか、自分たちのために満足な福祉を与えてくれない国家に残る意味はあるのかとかも考えた方がいいかも。

結婚となるとお金は大事ですよね。でも男の立場から見ると色々値踏みされているのはあんまりいい気持ちがしないです。こいつは非正規だからダメとか、こいつは公務員で安定しているけど背が低いからダメとか、ずいぶん選ぶ側は自信あるんだなあって。一方で婚活パーティとかやっているのだからよくわかりません。昔は一人口は食えないが二人口は食えるといったそうで、お互いに独り身だと生きていけないから結婚するという人もいたようで、今後の結婚はその時代に戻るかも。

ばいお

POSTED BY QWERTY ON 2011年2月27日

東大ニートのばいおさんも1年近く更新がないですが、生きてるんでしょうかね・・・

ばいおは生きているようですよ。ときどきmixiで見かけます。あと、よく「ばーなう」って書いているから、BARぎこあたりにいるのではないでしょうか。

ただ、彼のテーマで記事を書き続けるのはやっぱり本人も飽きるでしょうし、何か新しい興味を見つけてそっちにシフトしていくしかないかな。おいらはもう《醜活》がクソというのは何度も書いたので、できればクソな《醜活》をやめて現実問題どうするの?という方に関心が向いています。

就活はクソ

POSTED BY あ ON 2011年2月28日

結構な割合の人が就活はクソだってことに(今頃ですが)気付き始めています。如何に人事担当が役立たずか、今行われている面接が無意味か、自分の知り合いの例を出します。知り合いはアークタンジェント(Cとかでatan()って書くアレです)を知らないのに、某大手家電プラントメーカーに内定しました(推薦です)。まぁ、日本の企業や就活なんてその程度って事なので、躍起になってブログネタにしなくてもいいかと思います。書きたい時にgdgd書けばいいかと。

ホリエモンの燃料?を自分も読みました。国を守るというよりは、自分を、家族を、親しい人を守るってことですね。それが結局、国を守るって事につながるのだと思います。自分や親しい人達が海外で生活できるようなら、その時はわざわざ日本に残って国を守らなくてもいいはずだと。でも海外で生活なんて嫌だという人も多いし、何よりも金銭・言語の壁がある事が多い。だから(海外に行かない・行けない)多くの人はホリエモンを批判するわけです。

それよりも自分としては、二人がなぜこのような発言をしたのか気になります。単に言いたかっただけでしょうか。哲学的な問題の提起だったらちゃんとそう言って欲しい。サンデル教授も(朧気にしか覚えていませんが)、政治哲学は悪い市民を生み出すリスクがある、といった類の発言をしていました。哲学自体はいいものです。考えるということはとても大切なことですが、サンデル教授の言うようなリスクもあることを事前に知っておかないと、国民の多くが大きく間違った方向に向かう羽目になることもあります。あとは、二人の言いたい事が、多くの人にはあまり良く伝わっていないようです。多くの人がこの二人を天邪鬼のような、あるいは調子に乗った金持ちのような感じにしか捉えていません。言いたいことを言えればそれでいいのかも知れませんが、もうちょっとひねくれないで(?) 発言して欲しいと思いました。

気づいてくれるといいんですけどねー。そもそも学生はリクナビにお金を払っていないため、リクルートなどは企業から主に売上を得ていると思います。《醜活》ジャーナルとかの雑誌もあるけど微々たるものでしょう。とするのなら、たとえばSPIを1回受けると5,000円入るとして、平均10社受ける時代と比べて平均100社受ける時代の方が10倍は儲かるため、今後の平均エントリー数が300社になっても別に驚きません。無限には増やせないので、ミスマッチを頻発させてリクナビネクストでまた儲けるのかも知れません。つまり、やつらは学生や企業を幸せにしようという意志はありません。

arctanは高校ではやらなかったから大学で初登場かな、たしか。SPIなんかのレベルだと中学生どころか小学生レベルなので、別に知らなかったところでどんな企業にでも入れると思います。やっぱホワイトボードの前で口頭試問したほうがよさそうですね。

国籍を持たない国で生きていくという決断は大変なことです。でも、国籍を持っていても特にメリットを感じない国というのも困ったものです。日本はそんなに悪い国であるはずがないのだけど、日本で福祉というと高齢者福祉ばかりというのが問題なのかなあ。で、国を守る、自分が国籍を持っている国を守るのって何故かというと、やはり国が自分を守ってくれるから。なのに海外の方が居心地がいいってのは困ります。

あの二人の対談にはもうちょっとしっかりした司会が欲しかったですね。でも、朝生でもホリエモンはずいぶん言いたい放題言って総スカンくらったそうだから、並みの司会では抑えが効かないかも。

社会保障

POSTED BY シント ON 2011年2月28日

>そのように考えると、日本で不遇の人も気分が楽になる気がする。将来の展望もないまま、ろくに手助けもしてくれない、税金ばかり取っていくような国家にいつまでも住む必要はない。

歪んだ、厳しい雇用情勢、劣悪な労働環境、ニートやひきこもり、うつ病患者や生活保護受給者、ホームレスや失業者などなど・・・なんというか、国や政府が強力に手助けしてくれていないですね。
国民が取り巻く環境、状況が今現在最悪なのに、問題を見逃し、国民を見殺しにしていますね。
こういう差別や格差がある待遇で、国のために頑張れ! と言われても困りますね。

シントさんが列挙している諸問題は国家を蝕む病で、ほっとくとどんどん税収が減る。お前ら税金なんか払わなくていいからなと言うのはいいけど、その結果どんどん財政が悪化していき、最後はひどいことになります。どうなるんだろう?やはり、あるときに国債を大規模に売る筋が現れて、国債価格下落→金利上昇だから、銀行が抱えている大量の国債に飛び火して目も当てられないことになるのかな。それがいつ来るかは分からないのですけど、10年以内に来ても別に不思議ではありません。

日本以外の選択肢もあるってこと

POSTED BY ゴロマサ ON 2011年2月28日

う~ん、一番上の事件、なんかとても悲しいですよね。自分も大学の時に酷活(笑)をしたことあって、一応その時は今の子達よりは仕事もあって、内定つうもんもとったけど、なんか日本での高貴なお仕事様が怖かったのと貯金もそれなりにあったので、タイに卒業後行って働いた経験があるもんで。日本以外の選択肢もあるってことを気づいてもらいたいですよ、特に若い世代の子達には。

やっぱり「疑われる」ってのが既得権のある層や国や企業とすれば怖いのかなー。だから日本の教育では教えないのかな…。色々隠しきれないことや、時代にそぐわない習慣やシステムだらけだから。

タイいいですね。いまタイではどのくらいのお金があれば1年生きていけるのだろう?日本のコールセンターがタイにあって、日本語話者ならそこで働きつつタイで生きていけるらしいけど、これも何時まで続くか分からない。

タイはとても気になる国ですが、タイ語を習得するメリットはわかりません。トルコ語と同じくらい実用性は低いかなと思っています。だから、なけなしのお金で生活するなら英語圏か中国語圏で、そこで言語を身につけることが次につながるかなと。ずっと沈没しているならタイはとてもよさそう。

日本の教育が変なのは検定教科書とか指導要領を作る側に問題がありそうですね。悪いところは悪いと教えた方がいいのに。ネトウヨさんが嫌いな隣国の教科書のことを言えない。

プログラミング

POSTED BY USELESS ON 2011年3月2日

はじめてコメントさせて頂きます。自分は割としょうもない非正規な生活を送ってる人間ですが、このブログは参考になるので結構楽しんでみてます。台湾行ってみたいな―と思ってみたり。

管理人さんが好きなように、好きなペースで更新なさっていただければよいと思います。変に人気ブログのようになって、炎上して閉鎖みたいな事態が一番無意味なことなので。

もし機会があったら、プログラミングについて初めて触れる人間にお勧めの方法や本の記事があったりすると嬉しいです。私は翻訳関係の人間ですが、割と機械翻訳とか自然言語処理の進歩に脅威を感じていたりするもので……

はじめましてー♪台湾は物価が安く親日的で日本人が来ると好意的に歓迎してくれます。また、南方系の穏やか(すちゃらか)な気質の人が多く、真面目な人は頭に来るかも知れませんが、慣れてしまえばとても心地がよいと思います。また中国語圏というのもしばらく滞在して現地の言語を覚えたときに将来つながりそうです。中国本土の簡体字よりも日本の旧字体とほぼ同じ繁体字の方が書きやすいでしょう。

おいらはプログラミングはやりたいことをやるのがよいと思っています。ネットを使う人なら、ネットの情報をかき集めるプログラムなんか趣味と実益を兼ねていいのではないかなと。よくプログラミングだと未だにHello Worldとかループとか地味なことをやるようですが、最初のとっかかりはもうちょっと別のことでもいいかなと思っています。例えばRuby + mechanizeの使い方なんかがよさそう。

そういう点で

はお勧めなのですが、もう絶版らしく古本でしか手に入りません。内容も2005年で、Java + Jakarta httpclientとかoroを使っていて、同じことはRubyとかPythonでやったほうがいいよーな気はしています。似たような内容の原稿を書いてPDFで電子書籍を売れば結構売れるかも知れない。

ともあれ、プログラミングは興味のあることをやったほうがいいです。基礎から真面目に積み重ねるというのは、もともと適性のある人は無味乾燥なものにも耐えられるけど、そうでない場合には嫌になると思います。mechanizeを使えば簡単にネットから情報が取れるとか知っている方がいいでしょう。

機械翻訳は個人的興味だと形態素解析をがりがりやるといいと思います。形態素解析が必要ない言語もあるけれど、かなり多くの言語で形態素解析さえできれば自然言語処理がやりやすくなると思います。機械翻訳は言語対かな。日本語とトルコ語は頑張って作ればいいのができると思いますが、日本語→英語はとても難しいでしょう。

アメリカで働く

POSTED BY ITSNOTTHESAME ON 2011年3月3日

働き始めたので結構毎日グロッキーになってます。といっても仕事は9時ー5時なんですがまだアパートに引っ越せないので友達が住んでいる郊外から通っているので大変です。でも数ヶ月ニートしていたみには毎日仕事するだけでもつらいですね。

少し語弊がありました。アメリカでの就労ビザ取得はおもにH1Bをさします。これは企業がスポンサーになってこの従業員は我が社に必要でかつアメリカ人では代わりがいないというときに移民局にビザを申請するものです。アメリカ人で代わりがいないというのは一ヶ月自社もしくは公共の場所に求人広告を出して応募したアメリカ人でいい人がいなかったという証拠が必要となります。ですがこれはまあ有名無実なので実際外国人を雇った後一ヶ月広告を出した後ビザを申請します。(当然応募した人は誰も面接に呼ばれません)

H1Bは数に限りがあって希望者が枠より多いと抽選になります。ということは景気が良くてこようがいいと申請数が多くて景気が悪くて希望者少ないととれるということです。景気がいいときはせっかく採用しても外国人だと自社のために働けない可能性がある訳です。いまは景気悪いのでオファーはとりにくいですがビザはとりやすいです。普通はこの手続きは社内の弁護士が行いますが小さい会社で法務がなければ専属弁護士に頼んで$5000くらいかかります。

MBAは所詮ぬるま湯なのでアメリカ実社会とは全く違います。ダイバーシティーは必要だろうが雇用とは特に関係ないですね。私のNYでのルームメイトもトルコ人でしたが彼女も仕事を探すのに相当苦労してます。日本人はそのてんまだ日本語能力はあるていど探せば需要あるので日本の経済力に感謝ですね。まあ私はMBAにいくような人間は教育詐欺にのせられたのでいってることは眉唾で聞いておくべきだと思います。MBAに奨学金はほとんどでないですしね…

とりあえずサンノゼに少し滞在してみようかと計画しています。

で、H1Bビザはあれから歩きながら考えたら理屈はわかりました。確かに発行数に上限があれば不景気の方が有利に取れるかも知れませんね。最近面白いなと思ったのは、

新規設立した会社で H1B をスポンサーできた

アメリカのカリフォルニア州はサンノゼにて会社を設立し、その会社で就労ビザの1つ、H1B をスポンサーすることが認可されました。H1B は専門職の従業員に与えられるビザなのでちょっと変な感じですが、今のところ起業家ビザという種類がないので、独力でビザを獲得する方法としてあるいは今後も使えるかもしれません。1年前にはこの方法で取れるとは全く思っていませんでした。

です。自分で自分にH1B出せるんだ?って。でもこれってメリットあるかな。最初から自力でがんがん稼げるのであればいいのだろうけど、そうでなければペーパーカンパニーだからなー。アメリカに住んで日本語で原稿を書いてPDFで日本人相手に売る会社にするとか。。。?これなら一応売上を得てアメリカに税金を払いつつ合法的に長期滞在できるでしょう。

からくり面白いですね。

おいらのLinkedInのコネクションはまだ1つしかないのですが、その1つがMBAコースに通っている台湾人です。で、彼はたくさんのコネクションを持っていて、人脈作りには役に立つかなというところ。あと、たぶんよいMBAコースでびしばし鍛えてくれることもたぶん有利。彼は奨学金は黙っていても支給されたらしいので、そういう大学もあるんだなと思っています。併願したいくつかの大学は奨学金なし、あるいは請求すれば出るかも知れない程度がほとんどだったようです。

おいらはMBAよりも技術が欲しいですね。あと実績と人脈。

で、件のトルコの友人はドイツの大学院に行く予定が、ビザが下りないそうです。Messengerを起動していたら、お母さんが出てきて色々聞きました。おいらトルコ語は辞書を片手にしか理解できないのであっているかわからないけど、今はドイツでトルコの移民がすごく評判が悪いみたいです。あの子はいい子なんだけどなー。で、次はアメリカを目指している模様。なんだか大変そうです。

時間とお金に余裕があれば、6月か7月に1ヶ月ほどイスタンブルに滞在したいところです。それからサンノゼに行きます。

3 件のコメント

  • 国を守ることについては、ほとんどの人は国を守ったほうがいいと
    言いますが、国が進んで国民を守るとは考えにくいので
    守る理由がいわゆるネトウヨの方の「愛国心」みたいなものになりそうです。
    領土問題についても、他国との交渉があるのだから
    「日本の領土だ」とかグダグダ言っても正直現実的でないです。

    >歪んだ、厳しい雇用情勢、劣悪な労働環境、ニートやひきこもり、
    >うつ病患者や生活保護受給者、ホームレスや失業者などなど・・・
    >なんというか、国や政府が強力に手助けしてくれていないですね。

    雇用の部分については政府がジョブサポーターを出すなどしてるようですが
    正直雇用があるときならともかく、今は雇用自体がないと思うので
    焼け石に水だと思います。

    他の部分については「ゆとり」とか「甘え」とか言って
    世間的にも寛容でないようです。
    さらには、生活保護受給者は一部の不正受給者をテレビでバッシングして
    その流れで本当に困っている人が受給しにくいという悪循環に陥っています。

    あと、国会中継で総理が
    「リーマンショック以降の不況からは景気が回復した」と
    言っていましたが仮に回復したとしても
    その恩恵は国民に受けられるのかどうかも分かりません。

  • >歪んだ、厳しい雇用情勢、劣悪な労働環境、ニートやひきこもり、うつ病患者や生活保護受給者、ホームレスや失業者などなど・・・なんというか、国や政府が強力に手助けしてくれていないですね。
    国民が取り巻く環境、状況が今現在最悪なのに、問題を見逃し、国民を見殺しにしていますね。
    こういう差別や格差がある待遇で、国のために頑張れ! と言われても困りますね。

    結局の所、政府や政治家を選んだり、作ったりしているのは国民ですからね。
    国民自体が、ちゃんと今の厳しい雇用情勢や劣悪な労働環境をどうにかしないといけない! と言う考えをしないと何も変わらないでしょうね。
    そういう意味では団塊世代の皆さんは、昨今の雇用情勢とか労働環境の異常さを認識していませんし、ニートとか引きこもりとか生活保護受給者のことを一般国民は良く思っていませんからね。

    一般国民が今の日本の環境、状況はおかしい! と気づかないと何も変わらないでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)