外資就職アフィリエイトやったらどうだろうか

広告

まずはコメントのお返事をします。

POSTED BY MR.T ON 2010年11月28日
中小企業でも、企業なりに人材をシビアに見るので就活については、「大手病」というのはあまりないかもしれませんね。

自分が思うに就活デモの批判を直接上司に言わずインターネットで言う理由は、直接言うと、自分の「そこまで仕事熱心なら、今週土日に出勤してくれないか」とかなって、仕事が増えるのが嫌なのではないでしょうか?(仕事が大好きな人は別ですが)そのことは、自分でもわかっている。だから、ネット上でしか批判できない。これではガス抜きにはなると思いますが、それだけです。

ただ、こういってる人も失業などで仕事をする時間が減ったり、なくなったりして生活しにくくなったら意見は変わるかもしれませんがそこまでにならないと、気がつかないのはある意味、日本の異常なところだと思います。

学生側が安定などの理由で中小企業を避けるのはあると思いますが、いわゆる「高望みしている」というのではないということです。大企業の内定が取れないからといって、中小企業に切り替えれば楽勝というわけではなく、同様に難しいはずです。選考基準が違うから、有名大学のいかにも大企業に行きそうな人は逆差別を受ける可能性があります。

結局、自分自身も今の状況に満足していないけど、社畜になりきれない甘っちょろい人を見ると頭に来るのでしょうね。

関係ないけど日本が異常といえば『逮捕された「匿名の卑怯者」。 その末路を見た人からの警告』というのを読みました。「今年になって警察と検察はネットの名誉毀損罪(刑法)の摘発に急に積極的になった」とのことです。今まではオタクのおもちゃだと軽く見ていたインターネットも、尖閣流出で仙谷官房長官が怒り狂っているように権力者から見て看過できない勢力だと思われているようで、叩きつぶしに来ているらしい。おいらもRの悪口書いていると逮捕されちゃうのかなあ。

日本は犯罪人引き渡し条約をアメリカくらいとしか結んでいないので、アメリカ以外の国でブログを書けばおそらく大丈夫でしょう。あまりひどいのはもちろんダメだけど、日本の司法は魔女裁判なので「ネットの匿名発言で逮捕され、2ヶ月勾留されて人生を棒に振った若者が、検察官や裁判官に法廷で罵倒され(弁護士もまともな弁護をしなかった)、父親も証言席で罵倒されて泣いているのを見ると、本当にこの日本社会は狂っているといたたまれない気持ちになった」なんて感じの弱い物をいたぶって見せしめにするような裁判が繰り広げられるだけです。

個人的にはそうした狂った司法の国、とても先進国とは思えない人権意識、順法精神、そもそも法の支配が効いていないんじゃないかという国から逃げるのが手っ取り早いところ。でも情報系技術者としては、そうした権力に屈しない技術を作ることが重要なのかなとも思ったりします。

外資就職アフィリエイトやったらどうだろうか

このブログにもアフィリエイトは貼ってあるけど、どちらかというと個人的な憂さ晴らしが目的のブログなのでそれが主眼ではない。ただ、人様に役立つ記事を書いたときは何らかの報酬を得るのがプロフェッショナルとしては正しいと思う。つまり、役に立つ記事を頑張って書いて報酬を得る仕事があってもいいと思う。普通なら記者として契約するのだけど、この就職難の時代ではなかなか難しい。

アフィリエイトサイトとして最悪だと思うのは外資《醜活》.comみたいな情弱騙して煽り立てているサイト。どうみてもアフィリエイト目当て。学生に役立つ情報を提供しようという意志もなく、情報力や文章力もないサイトが組織力を活かしてのさばっている状況はよくない。これも広義の《醜活》業界だと思う。人の不幸が飯の種というやつだ。

アフィリエイトサイトから物を買っても購入者は損をしない。サイトに若干の報酬が支払われるだけである。損をするのはアフィリエイトを提供している側だけど、これは宣伝費としては悪くない。購入に結びつかなかったときは基本的に(Adsenseみたいなのもあるけど)広告費を払わずに済むビジネスモデルだからだ。つまりアフィリエイトは嫌儲(いわゆる《社会人》としての《労道》以外で報酬を得る人を叩く人たち)には嫌われるけど誰も損しないのだから、よほどN村証券とか一流企業面しているところより立派である。

しばらくそう思っていたのだけど、アフィリエイトをするためにクズ情報をたくさん流すスパムサイトはよくないと思っている。特に件のサイトのようにデザインが洗練されていてなんとなく信頼性の高そうなサイトは、情報の質を判断することのできない人に被害を及ぼす。この情報を信じた結果、そいつの人生が不利になろうが、最悪棒に振ろうが知ったことじゃないね(未必の故意)ってほど悪質ではないかも知れない。もしかすると書いている本人は大まじめかも知れない。

そう考えるとアフィリエイトサイトってどうなのかなという気もする。何かコンテンツがあってついでに広告を貼るのが本来の姿なのだけど、今では広告に併せてコンテンツを作り、コンテンツがない場合は粗製濫造までしてしまう。何がスパムで何が人のタメになる情報かは不明確だ。ただ、いま考えていることは継続的に提供したら足りない情報を補完するものとして意義があるのではないかと思う。

Top Language Jobs

以前紹介したけど、外国語(日本語を含む)ができる人向けの求人サイトのTop Language Jobs。ここの日本語話者向け求人を見ていたのだけどなかなか面白い。

セールスコンサルタント、国際教育

勤務地:ロンドン。報酬:基本15Kポンド(200万円くらい)〜。正社員。国際教育を行っているKaplan International Collegesで多言語を扱えるセールスコンサルタントを募集中。

コメント:ずいぶんやっすいな。ロンドンの物価で生活できるの?

Bloomberg – Network Operations Engineer

勤務地:香港で正社員。ネットワークに強い人募集中。基本英語で、広東語、中国語、日本語ができると嬉しい。報酬不明。

コメント:ブルームバーグは記者からエンジニア、翻訳までかなりたくさん募集を出している。いつも出ている。応募が少ないのかブラック過ぎてすぐに辞めるのか。外資に行きたい人はブルームバーグなんかは間口が広そう。

TalentQuest Ltd・日本語か韓国語話者・翻訳

勤務地:ジブラルタルで正社員。報酬:24,000 – 35,000(単位不明、米ドルだろうか、英国領だからポンドか。ジブラルタルポンドというのがあるらしい。英ポンドと等価で交換できる)。翻訳や査読を募集している。ポーカー関連だそうだけど、ポーカーって何?カードゲームかな。

海外で就職したい人は多いけど情報は少ないと思う

初めて海外で就職するとすれば、やはり日系の職業斡旋会社が安易だ。確か海外ニート氏もシンガポールで糞日系に勤めたとか言っているからたぶんそうなんだろう。けど、そうするとせっかくの海外なのに周りは日本語が通じて、社畜的労働を強いられたりしてあまり海外で働いている気がしない。

しかし求人は意外とある。だからこういう求人をまとめて翻訳したりして誘導するのはサイトとして価値があると思う。思っているだけかも知れないけど。そこにアフィリエイトを貼って収益が発生するならサイトを維持するモチベーションにもなる。しかもライバルは少ない。

アフィリエイトで大儲けしたければ母集団が情弱かつ規模が大きいところを狙うのがよいことを意識すると、海外就職なんてのは王道から外れまくっている。しかし社会的要請はあると思うし、誰かやってみませんか?

1 個のコメント

  • 2chなどでは、犯罪予告は通報されるみたいですが
    どこまで書いたら逮捕されるのかは、分かりません。
    (違法ダウンロードが原因で大騒ぎになっているのは見たことがありますが)

    アフィリエイトについては、あまり表に出してやっているのが言いにくいように思えます。
    一般的に不労所得という風潮と、アフィリエイトは仕事とみなされてないというのが理由でしょう。
    (ビジネスモデルとしては、効率がいいとは思いますが)
    「外資就活ドットコム」を見てみましたが
    見た目は、普通の就活サイトと遜色ないように思えました。
    見た目が良く、ちゃんとした企業がやっていると思わせれば、騙されてしまう人もいるのだと思います。

    アフィリエイトが胡散臭いと言われるのは
    こういったインチキサイトが多いのと
    アフィリエイトに関係する情報教材が何万もして詐欺みたいに見えてしまうことと
    (こういった教材の効果は分かりませんが、中には詐欺な物もあると思っています。
    アフィリエイト塾に関しては、10万以上するものも見たことがあります。これも効果をよくわかりませんが)
    「働かないで金を稼ぐのでケシカラン」という認識や「儲からない」(これは当ってるかも?)という認識があるからでしょう。

    アフィリエイトの世界でも、真面目にやっている人が馬鹿を見て
    詐欺的な値段の情報教材を売る人が儲けているということがあるのではないでしょうか?

    ただグリーなどのIT企業が、中高生を騙して大儲けしてることと比べると
    個人がビジネスに参入しやすいネットの世界のほうがまだ救いはあるかもしれませんが

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください