国が貧しくなると詐欺が横行する

広告

まずはコメントのお返事をします。

POSTED BY すーぷりせっど ON 2010年11月17日
誰しも自分の欠損を何らかの形で補うために行動するのでしょうが、そういう状況に身をおいたときに、何を持って是をするかという基準によってその人が現れる気がしますね。私はホテルと塾で働いていますが、ホテルの方は人格破綻者が多いです;;
かつて数理解析研究所に進学した方のblogを拝読していましたが、理数系に関する愛着が桁違いだと思いました。卓越した能力がないなら理学部に行くより、「そこそこ能力があって努力していればなんとかなる」学部に変更した方が良いのかと思ったりもします。
入学金+4年間の学費(書籍代含まず)で300万も払うぐらいなら、英語と中国語の取得に尽力した方が良いのかとも思ったり。ただやっぱり海外を視野に入れているのであればなおさら学位が必要なんでしょうね・・・。

人格破綻者はあちこちで聞きます。友人が保育園や幼稚園で働いているのだけど、こっちもずいぶん異常な世界みたいですよ。

別に進学に卓越した能力は必要ありません。確かに理学部数学科には数学が恋人みたいな人もいるけど、そうでない人の方がずっと多いのです。おいらは工学寄りで、数学はツールとして使えればいいやなんて思っています。ただ、色々なツールは知っておいた方がいいのでそのために勉強するのもありでしょう。ツールがあることを知らないとどうしようもありません。存在を知ってさえいれば、必要なときに情報を探して解決できます。大学で真に学ぶべきは情報の探し方です。理学部で学んだ知識は解決するために科学的知識がいる問題にぶちあたったとき、その解決の糸口を与えてくれます。これが重要。

色々見て思うのはやはり大卒の学位はそれなりに有効です。でも大学名はあまり関係ない。海外では東大なんて知らないって人はたくさんいます。日本で有名大学を出て鼻高々でも「なにそれ?」って言われることもあるのです。だから学位取得を目的とするなら放送大学でも構わないと思います。

語学習得と学位の両立を目指すなら海外の大学に行くのもいいでしょう。卒業後シンガポールで働くという誓約をするのならシンガポールはなかなか太っ腹だと聞きます。さらに英語と中国語が学べます。

POSTED BY ヴォルフスシャンツェ ON 2010年11月17日
>言語が流暢であるのは言語とメタ言語の変換が一瞬で的確になされるということです。
まったくもって同感です。代ゼミの西先生が同じことをおっしゃっておられました。
そして英訳和訳で点数を取る秘訣はこれができるようになること、だとも。
その意味で、少なくとも受験英語はくだらない科目だとは思っていません。

意外と受験くらいだと機械的に日本語に訳して日本語として理解しても間に合うような。dogを犬と訳して、犬を理解しても間に合ったというか。もちろん、ダイレクトに頭にたたき込めれば読むのは速いので有利です。

国が貧しくなると詐欺が横行する

価格詐欺」というエントリを読んだ。

彼は彼のお婆ちゃん(だと思う)の手を引きながら店に入ってきて「これがほしいんだ」とそのカードを指さした。お婆ちゃんは、その値札に書かれたゼロの数を「ひい、ふう、みい、よー」と数えて「あああ」と後ろにのけぞる。

そもそもこの男の子は15万円というお金がどれほどのお金なのか全くと言っていいほど理解していないだろう。どうせこの少年は数字も99ぐらいまでしか数えられないに違いない。「ゼロはいくつあってもゼロ」ぐらいにしか思ってないのだろう。でなければ、自分のお婆ちゃんにこんな高いものをねだったりできないはずだ。

お婆ちゃんはその少年に尋ねた。「ホントにこれかい?」「ホントにこれが欲しいのかい?」「どうしてもこれが欲しいのかい?」「このあと欲しいものがあっても買ってやれないと思うけど、本当にこれでいいのかい?」何度も何度も少年に念押しした。少年はお婆ちゃんに「そうだよ、これが欲しいんだよ、どうしてもだよ、どうしてもだよ。これ以外にはボクはもう何もいらないよ」と無邪気に言った。その少年の無邪気さが私にはとても憎らしく思えた。
(略)
子供にはお金の価値がわからない。いや、正確に言うとお金の価値のわからない(or 判断力のない)子供が世のなかにはそこそこいるんだよ。そういう子供をターゲットにして食い物にするのは認知症のお年寄りを騙して貯金を巻き上げるリフォーム詐欺などに見られる詐欺行為と何ら変わりはない。

このエントリの面白いところは

例えば、「GREEで検索、無料です」と謳うGREEの釣りゲームでは、数回使うだけで折れる釣竿アイテムが2,100円。価格設定が理不尽なこと極まりない。まともな判断力があれば、こんな釣竿アイテムは絶対に購入しないだろう。いや、そもそもこんな不条理な設定になっているゲーム、最初からやる気もしないかも知れない。

と話を発展させているところである。GREEとかモバゲーはゲームが無料だと謳って人を呼び込んで有料のアイテムを買わせるビジネスモデルである。どう考えても価値のない、単にゲーム上のフラグを立てるだけの行為が2,100円というのがすごいのである。ホリエモンの本でもGREEとかモバゲーは情報弱者から金を巻き上げて年商何百億円と言っていると書いてあったが、その通りだと思う。おいらはこうした会社が日本のIT企業の雄という状況をみてものすごく情けないと思う。GoogleとかAppleのような会社にはほど遠い。

前にも書いたのだけど、リフォーム詐欺は捕まるけど大企業がやればビジネスモデルになるというのが恐ろしい。そして日本の一流企業はしばしば多数に対して詐欺同然のことをして利益を得ている。証券会社でも銀行でも商社でも通信でもITでも某Rでもそう。学生の就職ランキングの上位に来るような会社の結構な数が詐欺同然。CMで「つながってるね♪」とか言って通話をすること(=携帯キャリアに料金を払うこと)が愛であるかのようなイメージ操作を行って、10年以上前なら月に数千円の小遣いもあればよかった高校生が数万円の通話料を払うためにアルバイトをしている。

参考:

全米就職ランキング1位のNPO、日本でも展開へ

日本の就職先人気ランキング上位企業と言えば金融機関や商社がお決まりだが、米国のランキング一位はなんと、NPO(日本では特定非営利活動法人)だ。ユニバーサム社が今年4月に発表した米国就職先人気ランキング(主要345大学、調査56900人)によると、文系では教育支援NPO「ティーチ・フォー・アメリカ(TFA)」が、グーグル、アップル、ウォルト・ディズニーらを抜いて1位になった。

TFAはニューヨーク市に本部を置く教育支援NPOで、今年4500人の定員に対して46000人もの応募があった。すでに日本でも事業展開をする準備が進んでいる。

TFAのミッションは、米国内の教育格差を解消し、すべての子どもたちに質の高い教育の機会を提供するため、公教育の支援をすることだ。教員免許の有無にかかわらず、大学卒業から2年間、一流大学の学部卒業生を国内各地の教育困難地域にある学校に常勤講師として赴任させる。

国が貧しくなると詐欺でもして手っ取り早く儲けようぜってなるのかも知れない(罪の意識があればいいけどおそらくほとんどの社員は仕事をしていると誇らしげだろう)けど、そうした空っぽの産業しかないからもっと貧しくなるのだ。貧しくなってさらに目先の金が稼げればいいやという仕事が増える。もっと国家全体が豊かになる産業を作って欲しいのだけど、もう引き返せないところまで来てしまったのかも知れない。

金に色はないと言うけれど

どんな稼ぎ方をしても金は金だという意見もあります。でもそれはどうでしょうか。汚い稼ぎ方をして派手に使っている人って、親の金で遊んでいるボンボンよりも下品だと思います。本人は仕事をして給料を貰っているんだと思って罪悪感がないところもポイントです。

美味しんぼという漫画があります。主人公の山岡は新聞社のぐーたら社員でした。作中で究極のメニュー作りを担当することになり、彼の料理に対するセンスや才能を発揮して十分働くようになりますが、初登場の時は正真正銘の給料泥棒でした。

あの連載が始まったのはずいぶん昔で、サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだという時代だからいいかも知れないけど、現在ああいう社員がいたらどうでしょうか。大手新聞社勤務ですから年収500万円は軽いでしょう。厚生年金とか会社が半分払ってくれます。一方でワープアは年収150万円くらいで命を削って働いています。同じだけ頑張って働いたとしても差額の350万円は山岡は恵まれていることになります。しかし、山岡は到底まともに働いているとは言えません。大企業の正社員だから(よく「クビだ」と言われるけど)身分保障がしっかりしていて解雇されることはまずありません。

山岡は食事や料理にはお金をかけるようだけどあまり派手に遊ぶキャラではありません。そこが幸いですが、もし彼があの態度で究極のメニューにも参画せずぐーたら社員のまま派手に遊んでいたとすれば、この所得格差をどう説明すればいいのでしょうか。もちろん、大半の正社員は給与に見合った大きな仕事をしていると思います。しかし、やはりこの雇用形態の格差は貴族とプロレタリアートと言わざるを得ないと思います。ぐーたら社員が高給を貪っている根拠は彼が正社員で、ワープアが非正社員だからということしかないのです。王様だから偉いのと同じ程度の理由で正社員だから給与が高いのです。

とにかく金が稼げればいいという企業も多いけど、個人レベルでも自分の給与に見合った働きをしなくても全然気にしない人は案外少なくありません。低い方に合わせる日本の発想は嫌いだけど、同一労働同一賃金くらいは導入しないとやってられないと思います。それでも正社員は守られると思います。なぜなら正社員にしか大きい仕事は任せられないからです。昔の女性社員はお茶くみとかコピー取りばかりで、男性社員より給与も出世も不利だったのと同じで、正社員の優位性は揺らぎません。同一労働同一賃金を導入して困るのはぐーたら社員だけでしょう。

3 件のコメント

  • 私の小さいころのときもカードゲームのレアカードを高い値段で売っていた店を見たことがあります。
    さすがに15万円はなかったと思いますが、それでも子供が買うにはかなり高い価格設定だったと思います。
    (その店は、もうつぶれましたが)
    ただ、携帯電話の料金が高くても客が納得して払っているのは、
    サービスがその料金に見合うものだと説得できているからでしょう。
    ただ、その「説得」の材料が「大企業だから安心だ」という妄信がまかり通ってるのが問題だと思います。
    個人的に一番の「詐欺」は税金だと思います。
    しかも、この詐欺は程度が低いことに客(国民)にも納得してもらってないのが、さらに問題です。
    消費税を上げると言っただけで、支持率が落ちるのは、その証拠でしょう。
    (もしかしたら、マスコミが納得しないように報道してるのかもしれませんが)

    もうひとつ、
    >ぐーたら社員が高給を貪っている根拠は彼が正社員で、ワープアが非正社員だからということしかないのです。
    今の時期、会社は即戦力を求めているようですが
    会社にもよりますが、即戦力なんて基本なかなかいないと思います。
    (ただ企業の求めてる人材がどんなものかにもよりますが)
    だから、新人がグータラに見えるときはあっても良いと思いますが
    本当にグータラなら給料泥棒にしかなりません。

    ただ、勤めてるのが大企業があれば母集団が大きいので
    なかなか分かりづらいでしょう。
    このように人は、本来はリストラとかでやめていただくのが一番良いのでしょうが
    日本社会では、終身雇用が根強かったり
    年齢や経歴で再就職が厳しいと思うので
    グータラ社員が一定数出てくるのは、終身雇用の弊害でしょう。

  • おいしんぼが連載始まったのはバブルよりも前、つまり日本企業にゆとりがあった時代なのですね。
    しかもメディアが限られていた時代の新聞社…とても特殊な環境下でしか、山岡みたいな社員は存在しえないのでしょう。

    ちなみに、海原雄山が初期のころ、自分の理解できない食文化をけなした後、諭されて「ぐぬぬ」となるかませ犬キャラだったことは黒歴史なのでしょうか。たしか、フランス料理か何かをわさび醤油で食べてガハハと笑って、周りからジト目で見られる痛いキャラだったような気が…それに対して今は歳をとったのか、少しおとなしくなりましたね。
    なんだか、日本経済の栄枯盛衰を反映しているような人です。

  • http://allabout.co.jp/r_health/gc/371375/
    香ばしい記事を発見。「自分は悪くない」=自己愛なんでしょうか。記事の言いたいことが
    よくわかりませんが、「就職氷河期なのは自分は悪くない、社会の制度が悪いんだ」と言っても
    おそらく自己愛型人間に当てはめられてしまうでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください