英紙「日本という国を過小評価していないか」

広告

らばQに『英紙「日本という国を過小評価していないか」アメリカも中国も到底かなわないと取り上げ話題に』という記事があって興味深いと思った。

イギリス・ガーディアン紙が「日本という国をたいそう間違って認識していないか」という記事をとりあげ、海外掲示板で盛り上がりを見せています。

並べられていた事実というのが…

「失業率5%、給与の格差最小、全員に医療保険、平均寿命最高、新生児死亡率最低、高い学力レベル、犯罪率・投獄率・殺人・精神病・麻薬乱用率すべて低い国がある。アメリカも中国も全く届いていない」

いったい経済とは?と問題を投げかけている記事です。

失業率はハロワ統計だから5%は事実上の失業率のごく一部しかカウントしていない。日本の労働人口はおよそ6650万人くらいらしいが、ニートだけで64万人いる。ニートだけで事実上の失業率を1%押し上げる。おそらく事実上の失業率は10%は越えているだろう。

給与の格差最小というのは統計のマジックもある。給与は(普通は)マイナスがないので最小でも0。だから格差の幅は給与の最大値に依存する。給与の格差が最小というのは単にべらぼーに高所得を取っている人がいないというだけ。極端な例を挙げると100人の村があって年収1億円の人が1人、残り99人が無給の場合は給与の格差は1億円ということになるけど、これは意味があるのかと。所得は幅でもなく平均でもなく「中央値」を使うべき。

全員に医療保険なんて幻想。国民健康保険に入っていない人なんかたくさんいる。平均寿命はずいぶん行方不明老人がいるけど、どこまで下がるだろうか。乳児死亡率は知らない。

学力レベルは高いと思うが、中等教育くらいまでである。識字率は高いし、かなりの率で高校までは卒業している。大卒率も高い。ただ高等教育はお粗末なので大学2年くらいまではレベルが高いが、それ以降になると他の先進国に負ける。

犯罪率・投獄率・殺人・精神病・麻薬乱用率は一般に低いと思うけど、自殺率を見るに精神を病んでいる率は世界でも突出して高いと思う。

コメント欄が社畜批判

ここ(国の自殺率順リスト – Wikipedia)によると、日本は世界の自殺率第5位で10万人あたり24.4人だ。そんないい国なら、なんでみんな自殺するんだ。

自殺の理由に失業や社会の圧力が書かれていた……。

もしかして自殺するから失業率が低いのか。

少子化問題や、精神病の彼らの定義も見るべきだ。日本は得意な分野も多いが我々と同じように問題も多い。

皮肉を言うつもりはないが、僕も3ヶ月日本で観光ビザで過ごした。君と同じ理由で日本が大好きになった。そのあと3年日本で働いたら、日本が大嫌いになった。8年前のことだがそれ以来日本に行ってない。日本には2つの面がある。

伝統的な日本の会社で働いただろ。オレも最近まで働いていたからわかる。とにかく嫌だった。

この8~10年で相当変わったよ、もう一度訪ねるといいよ。日本を嫌う・好くという段階でいうとそれはまだステージ2だ。ステージ1は観光で行って、みんなが親切で大好き。ステージ2は日本で働く経験をして日本の腹黒い部分が見えて日本人社会の裏面を知るんだ。

日本にいる間に不思議に思ったのは、みんな自分の仕事にプライドを持っているってことだった。それもどんな仕事にでも。ここフィンランドでは日本のように最低な仕事にでも良い給料を与えるけれど、人々は良い仕事だとは思っていない。むしろ恥じている。お金の問題じゃなく文化でもあるかなと思う。どんな仕事でも尊敬されているということがね。

日本の悪いところは複数あるだろうけど、突出して悪いのは民間企業がDQNであることなんだろうなあ。その理由に年功序列・新卒主義とか、社会的責任に関する感覚が希薄(企業の社会的責任のみならず、公共の福祉の観念のなさ、ボランティア意識の低さなど)がある。結局、自分たちの共同体がよければ他のやつ(含:共同体の構成員)が迷惑しても構わないという共同体的全体主義(個人の利益より共同体の利益を優先するおいらの造語)という日本独特の概念に問題があるのではないか。

日本独特というのは、全体主義というのはその名の通り全体のために奉仕することを目的とするのだけど、共同体的全体主義は国家とかより大きな枠組みがどうなろうと知ったことではないという態度を取る。企業もほとんど法人税払わないでしょう。共同体主義(コミュニタリアニズム)との違いは個人を尊重しないところで、この辺は全体主義の悪い面を引きずっている。

人間らしい生活をするには共同体の中に入るならホワイト企業の正社員で、ブラックあるいは非正規では関わらないこと。あるいは共同体の外から関わらないこと(下請けにならないこと)が求められそう。

1 個のコメント

  • 更新おつかれさまですぅ。

    失業率も給与格差も自殺率も、本当は高いでしょうね。絶対に誤魔化していると思っております。
    そして自分の企業のところだけよければ、他がどうなるか知ったことではない。それどころか企業の社員が犠牲になることすら当たり前という常識になってますから。
    しかしもう、そういう歪んだ常識は終わりにしないといけませんね。そうしないと日本は終わりますから……。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください