アメリカのH1ビザは不足しているみたい

広告

まずはコメントのお返事をします。

POSTED BY 毛糸玉 ON 2010年10月20日
はじめまして
今回のエントリーは今までのオナニートさんの意見と照らし合わせてみると
疑問に思う部分があったのでレスさせていただきます.
具体的には「株価は単なる数値ではなく・・・簒奪することに成功しました」の部分についてです.
まず派遣の増加は間違いなく社会保障などの後ろ盾がない低所得者層,
企業側から搾取される側の増加を招いたように思います.
派遣法改正により企業は持ち直し,結果として当時職にありつけたものは良い待遇で
働ける環境を保障されているかもしれません.しかしたった2,3年という期間に
就職できた者の待遇が良いから,その政策は正しかったというような主張はあまりにお粗末な
気がします.新卒一括採用を否定する側の意見としても矛盾していませんか?
そして既得権をもっている人たちならばむしろ自民党を選ぶのではないでしょうか?
私ならば民主党が政権を握ると既得権が失われるという危惧を抱くと思います.
私の理解力がないのかもしれませんが,ここに論理の展開が飛躍しているように思います.
まあ私も今の民主党は支持できませんけど…,といって自民党というのも選択肢もないのですが.
以上,長文失礼しました.

2点ありますね。まず雇用については民主党のように「同一労働・同一賃金にします。最低時給は1,000円にします」とできもしない夢物語を言っても何にもなりません。弱い立場の人を守るには経済そのものを強くするしかないのです。2,3年しか続かなかったのは政策が悪かったからではありません。一つは世界的に景気が冷え込んだこと、もう一つは現在の政府が弱いことです。世界的な景気後退は一国ではどうしようもないけれど、政府が弱いことは強い政府を選べば済みます。株価にのみ注目するとNYダウの高値→現在が14,000→11,000くらいですので、日経平均も18,000 x (11,000/14,000)=14,000円くらいあってもよいはずですが、実際には9,400円くらいしかありません。今回の景気低迷の震源地はアメリカですが、アメリカより日本のほうがずっと景気は悪いのです。もし日経平均が14,000円くらいあれば、2011年卒の就職活動はここまで過酷ではないはずです。

もう一点ですが、学士会報という冊子を見る限りだと既得権益を持っているじーさんは相当に民主党寄りというか、アンチ小泉・竹中路線です。学士会というのは旧帝大のOB/OG会ですが、若い人はそれほど価値を認めていません。一方でじーさん連中は旧帝大というのを非常に誇りに思っている節があります。で、学士会報を見るとなかなか立派な肩書きを持つ要職を歴任したような人が痛烈にアンチ小泉です。自分たちの権益を奪われたとまるで敗戦を経験したかのように怒り狂って書き散らしています。

年代別の政党支持率を見ればわかることですが、若い人はアンチ民主が多数です。一方で民主を支持しているのは団塊の世代を中心とした年配世代です。だからネットでアンケートを採ると政権支持率はやたら低いのに新聞だと高くなるのです。

民主党が政権を取ると既得権が危うくなることはあまりありません。既得権と言っても1つではないので、例えば大学とか国立の研究機関の人は民主党政権でひどい目に遭っています。それ以外の大きなところ、例えば郵政民営化は民主党政権になって大きくブレーキがかかりました。郵政票は民主党の有力な票田ですから優遇するのは当然です。また道路公団についても(一部)無料化としていますが、民主党の目標は高速道路無料化にあります。高速道路の維持費がなくなるわけではなく、国の金を使って高速道路を維持整備していくわけですから、これも高速道路再国営化と言ってもあながち間違いではありません。その他の大風呂敷も政権簒奪前と比べてだいぶトーンダウンしています。

POSTED BY あ ON 2010年10月22日
>企業も優秀な外国人を欲しがるというのはどういうわけでしょうか。
低賃金で文句を言わず働いてくれる人なら優秀じゃなくてもいいんじゃないでしょうか。国内に
そういう人があまりいないから外国人を欲しがるのではないかと。あと、海外展開する際に現地の
言葉に強い人がいい。日本人に現地言葉を覚えさせるより、向こうの人に覚えてもらった方が安いし、
向こうでの評判もいいはず。だから現地の人を採用する。そんな感じですかね。
>聞きたいことの意味を察知して検索してくれるサービスがあったらいいですね。
今思ったらYahoo知恵袋あたりがいい線行ってるかもしれません。ただ、あれは人海戦術だから、
できれば勝手に色んな知識を調べてきて、解釈してまとめてくれるボットがあるといい。
でもこれ、ニートに適した職かもしれませんね。
 最近、複素数を計算できる表計算ソフトがないかと探しています。
マクロやアドインで無理やり計算するんじゃなくて、fortranの様に、+-とかを実数計算と同じ感じで
扱えるソフトがないかと考えています。でもまぁ、Maximaとかを使った方が早いですよね。

外国人を雇うと言ってもいくつかありますが、日本の《醜活》生と競合する外国人を増やしたいという意図には、安く使い倒したいというものはなく、稼げる人を期待していると思います。つまり、日本人の学生を雇っても企業に貢献しにくいが、外国人なら優秀でよく働くと思われています。日本の学生を形容する言葉はゆとりだとか、常識がないとか、無気力だとか、草食系というものが多いでしょう。

現地法人のスタッフなどはまた別ですが、スタッフの管理職はまだ日本人が多いのではないでしょうか。

Yahoo知恵袋はかなり質が低いと思います。よく「Ahoo!知恵遅れ」と揶揄されますが、否定はできないでしょう。ダメなポイントは多々ありますが、顕著なものに《教えたがり》が多いことがあります。分かっていないくせに教えたくて誤りの情報を平気で書いてしまいます。参加者の質が低いのです。それゆえ回答に悪意のあるものもたくさんあります。こうしたWeb Q&Aをデータソースに使う場合は、一度人間がフィルタリングをして嘘情報や悪意のある回答を削除して綺麗なものを作る必要があります。

でもニート向けの仕事というのは正しいでしょう。Wikipedia日本語版とか、Web Q&Aのように素人でも自由に書き込めるものは非常に信頼性が低くなっています。ですから、これらをデータソースとして基本はコピペだけど、一応チェックを入れる形でより品質のいいデータベースを作って公開すれば価値の高いデータソースになり得ます。あとは広告を貼るなりなんなりして回していけばいいかも。おいらのアフィリエイトは月に1,000円くらいですが、100倍程度ならできるかも知れないと思っています。毎月10万円の所得があれば、それほどお金を使わない生活なら生きていけそうだし、ニート向けですね。

複素数の使える表計算は知りません。というか、あの表形式で複素数を使って意味があるのかなという気はします。MaximaとかOctaveのほうが処理には適しているのではないでしょうか。元データが表ならcsvで書き出してテキスト処理を加えて別の処理系に放り込みます。

POSTED BY ななし ON 2010年10月22日
高度経済成長に乗っかって成長した企業と、好景気のときに入社した正社員。
彼ら勝ち組の既得権益を守るために、新規に社会に参入する、もしくは一度ドロップアウトしたものを、派遣や契約という弱い立場でこき使う。
……という単純な二極対立だったらいいんですが、実態は勝ち組正社員(父親層)のもとに、負け組派遣・契約(子供層)がパラサイトしている共生構造になっています。
だから正社員をクビにしやすくすればいいという、簡単な話でもない(一家の収入源が消滅する)。
派遣法改正がなければ、企業は雇用を増やさず、正社員をサビ残で酷使するだけだったでしょう。
そこに派遣という雇用調整がしやすい階級を作ることで、ワークシェアが出来た。
小泉改革はパイの切り分けを細分化したんだという理解です。
別に小泉元首相のせいでパイが小さくなったわけじゃなく、パイの縮小はバブル崩壊から始まっていた。
誰も根本にある問題に目を向けず、日本経済は強いんだという幻想を信じ込み、パイの取り分が小さくなったのは○○の陰謀だと騒ぎ立てている。
竹中平蔵は、輸出産業が立ち行かなくなった将来を見据えていた政治家だったのではないかと思います。
円高になると内需拡大ばかり言われていますけど、海外投資にこそ活かせるのでは……
でもまあこんな社会分析しても自分の収入は一円も増えないし、自分自身の身の振り方を真剣にどうにかしないといけない現実があるのですが……ああ切実に金が欲しいです。

正社員と非正社員の差は単に給料や身分保障、社会保険や年金だけではありません。仕事の一貫性が問題で、ブラック企業もありますけど一般に正社員はよい仕事に携わることができる一方で、非正規社員はスキルになるような仕事にはタッチできません。

正社員数が減ると会社が手がけられる価値のある仕事が減ります。また後継が育っていないので徐々に経営体力は落ちていきます。しばらくは増資マジックで生き残ることはできますが、先は暗いと言わざるを得ません。企業収益が落ちると法人税も減るし、もちろん所得税も減るし・・・いわゆる悪循環に陥っています。

リスクを取れるなら円高の昨今は海外の資産を買いたたくチャンスであると思います。人間に定年があるように国家経済にも定年があるとしたら、これからの日本はがむしゃらに働くのではなく、既存の資産を活かして年金を受け取るような形で生計を立てていくのがよいのでしょうね。その一つの案が海外の有望な企業に積極投資してリターンを得ることですが、日本の金融はリスク回避一辺倒なのでそんなことは到底できないと思います。

日本の自惚れに関してはかなり危機感を持ってみています。自分の実力を現実以上に高く評価しているとろくなことになりません。これは個人でもそうですが国家レベルでもそうです。けれど、報道を見たり他の人の話を聞いていると日本には技術があるとか、日本経済は強いとか、日本は大国だとか平気で言っていますが、具体的にどのくらいの力であるかシビアに見ないと酷い目に遭います。おいらの見立てでは総合力で世界30位くらいが現在の日本の立ち位置で、先進国ではおそらく最下位でしょう。

お金が欲しいのは目標によります。100万円程度なら雇用形態とか意識しないでとにかく働いてしまった方がいいでしょうが、生涯所得を問題にしているとしたら抜本的に何とかしないといけません。

アメリカのH1ビザは不足しているみたい

多くの国では日本のように新卒主義はなく、ポストに空きがあると都度採用する形になっている。だから、あちこちに自分のレジュメ(履歴書)でも頃がしておくと、それを読んで関心があるときは案内を送ってくる。今回の話の一部抜粋

Other Requirements:

  • Bachelor degree.
  • Candidates must be US Citizens, have a valid Green Card, or be eligible for a TN visa.

とあった。問題は「応募者はアメリカ国籍、永住権あるいはTN visaを持っていること」とあった。TN visaって何だろうと思って検索するとWikipediaにも英語記事しかないのだが

TN (Trade NAFTA) status is a special non-immigrant status in the United States unique to citizens of Canada and Mexico.(中略)The set of occupations permitted to petition for TN status is also quite a bit more limited than for the H-1B visa.

とあって、カナダとメキシコの人向けの制限付き就労ビザと言ったところだろうか。つまりおいらは使えない。そもそもH1ビザを発行しないというのはどういうことかというと、たぶん発行できないんだと思う。

9.11以降厳しくなって企業も困っていると言うけど、やはりDVプログラムに応募して永住権でも取らないとまともにアメリカでの就職活動はできないのかも知れない。