まさおという生き方

広告

人の容姿を笑うのはよくないことだけど、

  DB リアル
まさお 魔人ブウ 金正男(まさお)
正恩 人造人間19号 金正恩

北朝鮮の王子様ってドラゴンボールのキャラクターによく似ているよなーって思う。

さて、どうも正式に北朝鮮の権力継承から外れてしまったらしい金正男氏であるが、どうも案外まともな人間だという報告がある。でも、真に切れ者だとしたらお人好しに演じているだけかも知れないので油断は禁物だけど。

まず発言がまともである。「自由は全ての人にとって重要だ」と述べたり、北朝鮮がミサイルを撃ったと報じられた際には「日本政府の行動は自衛のために当然だ」とした。今回は「北朝鮮の三代にわたる世襲は反対だ」と述べている。まさおが後継者になったら北朝鮮はまともな国になるかも知れない。でも、一人が全権力を掌握しているとも思えないし、他の体制べったりの幹部は国民を搾取した方が何かと都合がいいのだろう。

もう一つ、これはすごいなと思うことは、まさお君は語学が堪能である。朝鮮語がネイティブなのは当然のこと、英語やフランス語で流暢にインタビューに答えている。さらに中国語や日本語もできるらしい。ロシアに留学経験があるからロシア語もできるはずだ。スイスにもいたらしいから、ドイツ語やイタリア語ができてもおかしくはない。

  • 朝鮮語
  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • ロシア語
  • 中国語
  • 日本語

8カ国語を自由に扱う。しかも言語マニアというわけではなく、英才教育の賜であるから言語だけできるのではなく、色々な知識を多く持っていると想像される。政治学や経済学などにも精通しているだろうし、相当の資金も持っている。今回、権力継承から外れて悠々自適に暮らしているようにも見える。金正恩から暗殺されかけたなんて一部報道もあるから、あまりのんびりはしていられないのかも知れないけど。

結婚もしていないうちから子供のことを考えるのは気が早いけど、こういう子育てもあるのだなと思う。もちろん、かなり教育にお金をかけなければこう言うことはできないのだけど、子供に国際性を身につけさせるというのは重要だと思う。まさおは北朝鮮を出て行くのだろうけど、これは北朝鮮に限らず衰退していく国ではこういう方針は大事になってくる。

話題は変わるけど、中国人や韓国人が出産ツアーをやっていたという話を聞いた。アメリカ国籍は出生地主義なので、親が何人であろうともアメリカで生まれたらアメリカ国籍が与えられる。可能性だけなら大統領にもなれる。しかし、シュワルツネッガーが知事になれても大統領になれないように、アメリカで生まれたというのは単に米国籍を持っている以上の恩恵がある。

日本は二重国籍を認めていないけど、アメリカはそんなことは知ったことではない。日本でどちらか国籍を選べと言われたときにはとりあえず「日本国籍を選択します」と答えておけばいい。将来、アメリカに留学とか就職で行きたくなった場合には「私はアメリカ生まれです」と言えば記録が残っているのでアメリカ人として扱われる。アメリカ国籍は放棄できないのだ。このことさえ知っていれば、アメリカ生まれの日本人は二重国籍を維持できる。

子供を産むためだけにアメリカに行くのはよくないと思う。権利の乱用だ。しかし、人生において一定期間アメリカにいて結婚しているのならば、アメリカで子供を産むとその子供は将来大きな可能性を貰えることになる。おいらの予想ではアメリカはなんだかんだ言って沈没しないと思う。なぜならアメリカは日本と違って優秀な人間を大切にする国で、今でも優秀な人がアメリカに多く移住している。優秀でないのも来るけど。

まさおを見ると教育の指針として国際性を高めるというのは効果的で、そのためにできることを考えるのは価値があることだと思う。「おじいちゃん・おばあちゃんに子供を見せてあげたい」という理由でアメリカで暮らしている夫婦が日本に帰国して子供を産んだという話を聞いたことがある。方針なんてその人の自由なのだけど、もったいないことをすると思う。また、アメリカに転勤している夫婦がいるけど、子供が生まれる気配はない。子供をどうするかも自由なのだけど、いつか子供が欲しいと思っているなら帰国になる前にしたほうがよいと思う。この辺は高度に個人の考え方に依存するけど、アメリカ国籍は持っていて困ることはないのだから。

1 個のコメント

  • >まさおを見ると教育の指針として国際性を高めるというのは効果的で、そのためにできることを考えるのは価値があることだと思う。

    これからの時代を生きていく最大のセーフティネットは世界中どこへ行っても通用する人間になることだ。。。と以前どこかのブログで読んだ気がします。たしかに、日本はどうしようもない不況だけど、海ひとつ越えれば活気に満ち溢れた世界がそこらじゅうにあるんですよね。英語はもちろんそれ以外の語学や、プログラミングや医学など英語ができれば世界中で仕事ができる専門知識を習得する、世界を放浪していろんな国の実情をみておくなど、より可能性を広げる生き方がより安全な生き方な気がしてきました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください