今日もチラシの裏レベルのことを書き散らかすアルよ

広告

まずはコメントのお返事をします。

POSTED BY 匿名 ON 2010年9月20日
「社会」に出て最初に感じたことは、なんだ「社会人」は大したことないじゃないか、ということだったりしました。
>“清純派女優”
あえて、北乃きいと書いて欲しかったり。あるいは古めに酒井法子でも。
単に金にクリーンっぽいイメージが総理大臣の必要十分条件感は、何年か前のキムタク総理ドラマあたりが象徴しているような気がします。

では「小沢 v.s. 菅の民主党代表選で、単にイメージがクリーンそうという基準だけで総理大臣に菅直人を望む日本って、北乃きいとか酒井法子みたいな清純派女優にでもやらせて、主要閣僚に実務に強い人を据えればいーんじゃないの?」ということにしておきましょう。北乃きいってこの間、なんかすっぱ抜かれたらしいけど。酒井法子って覚醒剤で、覚醒剤って何のために使うかと言えば、小学校では幻覚が見られてとか教えるようだけど、実際は

  • 眠くならない
  • 集中力が高まり1週間不眠不休で勉強だってできる
  • セクロスの感度が飛躍的に上がる

あたりが目当てらしいですね。芸能人が猛勉強するために覚醒剤は考えにくいから、やはり目当ては3番目でしょうか・・・

社会人幻想っていつから始まったか、きちんと調査したわけじゃないんだけど、どうもいくつかの流れを見るに、採用がおかしくなって、それでも採用されるには優秀な学生でなくてはならないみたいな煽り方をする業界があります。例えば「社会化された学生になろう」とか言い出しています。学生は甘く社会化されないと内定はおぼつかない、社会人は学生とは比較にならないほど優れているみたいなアホな幻想が流布されるのはこうした背景があるのではないかな、と勝手に想像しています。

POSTED BY あ ON 2010年9月20日
そのうち生まれた年代で逸失利益が決められるようになるかもしれません。
「この人は○○年生まれだから氷河期世代で、平均より低く見積もってOK」とかね(笑)
こういうギャグがリアルに実行されそうだから日本という国は恐ろしいです。
>自分が何かを書く機会があるならPDFでも出す。
Winnyの金子氏が書籍を出した時に、PDF版も無料で公開していましたね。今でもダウソ出来るんだろうか?
>日本の職場の効率の悪さはこうしたツールの使い方の悪さに起因する部分が多い。
ムダに書式や言い回し、文の量にこだわる点も効率を悪くしてるのではないでしょうか。
学会でも、Wordで提出・フォントや行間等もガチガチ指定なんてのが多いと思います。
海外がどうか知らないですが、論文なんて全部PDFで提出、書式や章建ては個人の自由って感じで
いいと思います。どれだけ言い回しや構成の美しさを極めても、中身がスカスカじゃあ仕方ないし。
TeXはきれいな文章を書けますが、グラフ作成時に手間がかかるのが面倒ですね。Wordは
お節介が多くてイライラしますが、WYSIWYGってのだけはいいと思います。

面倒臭くなると年代で輪切りにするかも知れませんね。でも、そうするとニートみたいな稼がない人も平均までは上げてくれるからニート的には有利かな。

Winnyの技術のPDFは

『Winnyの技術』PDF版の配布について

この文書、『Winnyの技術』PDF版は、著者である金子勇が出版元である株式会社アスキーの了解を得て、Winnyネットワークで配布するものです。書籍『Winnyの技術』(この文書を印刷物の形にしたもの)は、書店などで購入できます。このあとの関連リンクを参考にしてください。

この文書の内容を引用した議論は、インターネット上の掲示板などで自由に行うことができますが、『Winnyの技術』PDF版の配布方法はWinnyネットワークに限るものとし、配布の際には必ず、以下の配布条件に従ってください。

  • 著者と出版社のクレジット表記をしてください。
  • PDF版『Winnyの技術』を営利・商用目的で利用してはなりません。
  • PDF版『Winnyの技術』を改変、変形または加工してはなりません。

再利用や頒布にあたっては、この使用許諾条件を他の人々に明らかにしなければなりません。また、著者の金子勇および株式会社アスキーから、別途の許可を得た場合には、これらの条件は適用されません。
なお、この文書を参考にして開発したソフトウェア・プログラムに関連して生じたいかなる問題・損害についても、著者ならびに株式会社アスキーは、一切の責任を負いません。

2005年10月金子勇

とありますので、Winnyを使うのなら入手できるのではないでしょうか。現在、Winnyを使うことはあまりお勧めできないので入手は困難かと思います。ネットワーク自体はまだ生きているようですね。大した技術だと思います。

脱線するけど、Winnyは匿名性を確保するためかクローズドソースにして、おまけにEXEパッカーを使用して解析を防ぐとか耐タンパ性を意識してリリースしましたが、結局は金子氏が言うようにWinnyプロトコルを喋るソフトがあれば対等に通信できてしまうので意味がないばかりか、バージョンアップが止まるなどの副作用ばかり出てしまったように思います。秘密を守るための暗号のアルゴリズムは公開が原則です。なぜなら多くの人がチェックをするからこそ暗号としての信頼性が保証されるのです。Winnyはそういう意味でも独自にキーを埋め込んでRC4暗号とかで満足せず、もう少しオープンにやるべきだったかと思います。

WYSIWYGなエディタならWordPadでも十分です。お金を出して買うほどのものじゃないような。グラフとか表は外部にファイルを置いてincludegraphicsするだけなので簡単ですが、レイアウトはLaTeXに任せるのが原則なので、案外思い通りに行かずに苦労するかも知れません。

MS Officeの中でExcelだけは価値があると思うけど、WordとかPowerPointって不必要でお布施をしているような気がします。Excelもちゃんと表計算として使えばいいけど、日本でよくあるように図を描いたりするツールにしてしまうのはよくありません。でも、表計算としてちゃんと使っているところってあんまりないような気がする。

POSTED BY _さん ON 2010年9月20日
高身長イケメンリア充乙

(><*)

放浪ニートが、340億社長になった!

【著者の言葉(プロローグより)】
22歳のとき、僕は海外放浪の旅に出た。このときはほぼ無一文だった。ブラジルを中心として世界35か国をまわり、最後のインドに着いたときには、荷物はズダ袋1つで浮浪者のようだった。

商社に入社してからも世界放浪は続いた。レアメタル資源を中心に開発し、中国、ロシア、中央アジア、カナダ、南アメリカ、アフリカ、オセアニアと世界中をかけめぐった。

その後、54歳になって会社からクビを切られた。54歳の男が新たに職を探すとしたら、どんな仕事があるだろう。ガードマンか?清掃関係か?年収はよく見積もって、これまでの半分以下だろう。僕は敗者復活戦に挑み、サバイバルしなくてはいけないと思った。レアメタルでひと山当てようと、日本初のレアメタル専門商社を設立した。

そして、いまでも宝の山を求めて世界放浪を続けている。これまで訪れた国は90か国。各地でレアメタルを買い付け、レアメタル市況が暴騰したことも手伝って、会社は大きく成長した。年商は4年目に340億円、経常利益は9億円に達した。

驚いたことに、そのときの経験がいまの僕の血となり肉となり、“1000分の3″(センミツ)の世界で宝の山を見つけたり、百戦錬磨のビジネスマンとの交渉に勝つ力となった。つまり、“放浪ニート”が340億社長になったのは偶然ではなく、“放浪ニート”だからこそ、340億社長になったのだ。

“放浪ニート”を経験すると、考え方が変わる。僕自身、初めは何を見ても「別に」という感じだったが、世界を旅するうちに「人の情け」や「自然から学ぶ感動」が自分を変えていくのを実感した。見知らぬ場所を見る楽しさ、うまい飯、新しい友人に出会う楽しみ、意外な自分を発見する感動、過去との訣別という快感、劣等感からの解放など、様々な喜びや楽しさを感じ、ますます自発的に新しい探検を求めた。

結果として、宝の山を見つける洞察力、地球の裏側までかけ抜けていく行動力、交渉時に柔軟に物事を考える力などを身につけていった。自由な発想で未知の世界を感じること、共感すること、情熱をもつこと、そして日本を外から眺めることで、豊かな感性が磨かれる。いろいろなことに気づけるようになるから、商売もうまくなり、ザクザクと稼げるようになる。

それより何より楽しい。“放浪ニート”で、100倍楽しい人生を送ることができる!

読んでないけど感想。放浪ニートは楽しそう、やりたい。でもこの人「54歳になって会社からクビを切られた」って少なく見積もってもバブル以前の人だよね。

によると「1947年京都市生まれ」だそうだからもう60歳を越えている。団塊世代か。この時代は22歳から放浪しても商社に入れたわけで、現代のニートとは全然違う。人間が大切だった時代の人で、既卒とかNNTとは無縁。この人に限らず、大卒後しばらく遊んでいて、お金がなくなったからとかふざけた理由で就職を決めて、それでも有名企業に入った人をたくさん知っている。

昔の人はふざけた人が多い。「高学歴イケメンお兄さんのブログ」にもあったしコメントもしたんだけど、立花隆とか知の巨人とか大げさに言われていても、出版社に入って巨人軍の取材をしろと言われたら、巨人は嫌いだとかふざけた理由で退社した過去がある。今のすぐ辞める若者の走りではなかろうか。こういういい加減な人でも高く評価されるのだから、時代がちょっと違えば今のニートもすごく高い評価を受けたり、いい企業に就職したりできた可能性が高い。そして、自分が高度成長を支えたとか自慢するんだろう。

あと340億社長って読んでみたら「年商は4年目に340億円、経常利益は9億円に達した」じゃないか。どうして年商で書くかなあ。テレビでも平気で年商何億とか言うけど、薄利多売のビジネスなら年商はどんどん積み重なるだろうよ。けど利益が少ない。もっと極端に言うと循環取引でもすればいくらでも年商の数値は膨らませられる。おいらだって年商1兆円の社長ですとか言うことは可能(だと思う)。フリーキャッシュフローがどのくらいあるかとか、そういう風に言わないと意味がない。

彼女と二人で「C」体験!

昔の人は恋人間の進展具合をA, B, Cで表したそうな。笑い話でC言語の入門書『はじめてのC』を電車の中で読んでいたら女の子にクスクス笑われたという話がある。でも死語だと思う。いまさらそんな古典的ギャグを使うとはねー。

twitterでXSS脆弱性発生

twitterでXSS脆弱性発生」と話題になっている。あんまり悪質なことをしないで騒ぎだけ起こして周知徹底させるのだからまだ良心的かも知れない。けど、未だにXSS脆弱性のあるメジャーサービスが放置されているというのはびっくり。

この本はいいと思うけど、高いのと、あと無意味に箱に入っていたりして辞書みたいな体裁になっている。読みにくいし、もうちょっと気軽なペーパーバックで安く出して欲しかった。

1 個のコメント

  • Excelは付属のアドイン群が美味しいですね。その他、複素数扱えたり、反復計算やマクロetc。
    でも一般業務でエクセル使ってる人はこんな機能を知らないんじゃないでしょうか。
    それこそOooやキングソフトのアレで代用してもいいと思います。
    そういえばエクセルで絵を描いていた人がいましたが、あれはある意味すごい。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください