まだ日本にいます

広告

まずはコメントのお返事をします。

POSTED BY ひとり ON 2010年7月28日
どうしよう。。。

どうしましょう?

POSTED BY えぬ ON 2010年7月29日
数年前まだ景気が良かったころ、
23歳の既卒の友人が就活で苦労してた一方で、
留年しまくり26歳の新卒の先輩がフツーに内定をもらってたのを思い出しました。
既卒差別の不合理を示す好例かな。
新卒を優遇する理由の一つ「若い人材がほしい」は彼には当てはまらないし。

理屈では説明できないのですよね。よく処女厨と同じで無垢な人しか受け入れられないとも言うけど、NNT既卒も別に他社の色に染まっているわけではないですからね。

POSTED BY シント ON 2010年7月30日
今はもう、新卒ですら就職が難しくなってきましたからね。中退者なんてそれこそ人間扱いされないでしょう。
企業がそういう人達を求人しないなら、政府が雇ってほしいものです。
一体いつになったら、そういう救済策を作成して、実行するのやら……。

過去に何度も書いていますが、おいらはレッセフェールまんせーではないので、市場の失敗を認めています。そして現在の《醜活》問題の過酷化も市場メカニズムが働いた結果、へんてこな均衡にはまり込んで身動きが取れない状態です。

よくソ連などを引き合いに出して、社会主義は失敗したと主張する人がいますが、情報系の言い方をするとあれは社会主義の実装の1つであって、社会主義の本質ではないのです。ある携帯が売れなかったからと言って「携帯電話は否定されたビジネスだ」と主張できないのと同じです。その機種が単に支持を得られなかっただけです。

おいらはソ連とか北朝鮮みたいな体制を支持しているわけではありません。単に資本家が生産手段を提供しようとしないときは、社会が提供すべきだという程度のものです。

最近の中国とかシンガポールを見ると、優秀な人が独裁をしているのは案外いいかも知れないとは思うこともあります。でも、独裁体制を許すと一転して悪政をする人がトップに就いたときに怖いのですが。

POSTED BY 学歴の書き方 ON 2010年7月30日
いつも楽しく観ております。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

飲み屋での愚痴みたいなものですが、来て頂いてありがとうございます。

POSTED BY ななし ON 2010年8月1日
オナニートさんは、今もどこかでバイトはしてますか?
自分は契約社員なんですけど、上司の一人に激しく嫌われています。
契約直後で仕事のできないときの教育係だったので、使えない奴という印象のまま固まっているのかもしれません。
他にも性格の合わなさ(私は明るくて不注意の多いADHDタイプで、上司は無口で無愛想なアスペルガータイプです)や、上司と仲の悪い人たちに可愛がられている(その上司は準社員、契約社員など部下には全員に嫌われている/上司の上司の受けはいい)というのもあるようです。
無知をあげつらうための確認の質問や、露骨に冷たい反応など腹の立つことばかりです。
なるべく喧嘩せずやっていきたいんですが、理不尽な嫌がらせもむかつきます。
いい対策や処世術などありますか?

バイトはしています。月に5万円くらいはお金がないと携帯を維持したり、ちょっと外食をしたり、定期券を買うなどの交通費を出したり、本を買ったり、年に何回か海外に行ったりするための貯蓄を作れないからです。現状だと月に5〜8万円くらいをバイトで得ています。

嫌われている点については、嫌われているか確認をすることが大事ではないかと思います。大学の研究室にいると、教授も周りの学生も非コミュが多くて、隣の研究室の人に挨拶してもろくに返事もしないので嫌われているのかと思ったら、実は単に非コミュなだけだったということもありました。

それもできない/する必要がないほど関係が悪化していることが明確ならば、仕事に差し支えないなら我慢するか、あるいは思い切って職場を変えることも考えられます。おいらの職場はかなりホワイトだと思います。ブラック企業の話を普段よく見聞きするのとは対照的です。今も友人が仕事を辞めたいというけど、人が足りないから辞めさせないよとか言われて揉めているという相談を受けています。その職場は絵に描いたようなブラックで社畜だらけで聞いている分には笑えますが、当事者には深刻でしょう。理不尽な要求をして「社会人のマナーです」とか平気で言います。社会人だったらそっちも法律くらい守れよって言いたいくらい。

話は飛びましたが、ブラック職場が多いのは確かですが、そうではない職場も確かにあります。さっきおいらは市場の失敗を認めるといいつつ、同時にそういうブラック職場は市場原理に則って排除されるべきだとも思っています。仕事を罰ゲームにしないためにも、転職を検討する価値はあります。

台湾行きの話

まだ国内にいます。やはり夏休みは航空券が取りづらくて結局国内に引きこもっています。この暑い時期に台湾に行くなんてマゾではないかとか後ろ向きの言い訳をしたりして。

ニート王のpha氏が台湾行きのカンパを求めたら2万円程度集まったらしいですね。ニート王でも2万円なのだから、普通の人は旅費をカンパで賄うのはまず無理ですね。ここ数日の日記は台湾の記事なので興味深く見ています。

iPhone 4のJailbreakが来ている

JailbreakMeというサイト(ぐぐって下さい)でやるのですが、WebブラウザでJailbreak(権限昇格)できるということは、iPhoneは悪意のあるサイトを閲覧させれば何でもできちゃうということでもあります。恐ろしい。

昔からiPhoneのWebブラウザには重大な脆弱性があるという報告があり、それは今でも直されていないと聞いていましたが、本当だったのですね。

ともあれ、SIMロック解除はまだできないようなので様子見です。おいらのJailbreakの主たる目的はSIMロックを解除して海外でもGoogle Mapを見られるようにすることです。香港とかシンガポールでSIMロックフリーの機種を買えばこんな面倒臭いことをしなくてもいいし、もっと言えばソフトバンクがSIMロックなんてことを止めるべきです。SIMロックを解除すればDoCoMoでiPhoneが使えるわけですが、DoCoMoだと高いのでSIMロックフリーでもやはりソフトバンクを使うと思います。

だから、ソフトバンクが恐れているほどリスクはないと思うし、むしろDoCoMoユーザが流れてくるかも知れません。DoCoMoでiPhoneが使えるようになったから買ってみて、パケット代が高いからソフトバンクに移行とか。

あとJailbreakが違法だと言う人もいるようですが、どこが違法かはわかりません。刑法のどの構成要件に該当するとか根拠を示して欲しいと思います(プロテクトの解除に相当するのかな)。ただ、Jailbreakの結果、違法コピーソフトを動作させるといったことは問題があります。

追記

今回のJailbreakはPDFの脆弱性を突いているらしいです。だから、PDFを閲覧すればiBooksでもいいらしい。

イスラエル・シリア・トルコ

フランスの友達がイスラエルに行きました。Facebookに書き込んだら彼女のお父さんから返事があって本人からは一週間ほど何もなかったのだけど、昨日メールが来ました。やはり引っ越しの後は忙しいらしい。

そんなわけで、次の旅行先はイスラエルかなと思っています。イスラエルはトルコにも近いので、なんとかついでに立ち寄りたいところです。何かいいプランはないかな。陸路でシリアを越えていくか、海を越えていくかでしょうか。トルコから海越えというと、少し前に事件が起きたルートです。

現在のシリアがどうなっているかわからないけど、トルコの南東部は香ばしいエリアで地雷で足を失った人の話を聞いたことがあります。もう20年も前のことですが、あの辺はクルド問題が深刻で、トルコは当時はクルド人を抑圧するような政策をとっていたようです。シリアはクルド人に対して悪いようにはしないので、よくクルド人が脱北しようとして地雷原でやられたとか。現在はアメリカからクルド問題を何とかしろと言われていて、EU入りが悲願のトルコはクルド人問題解決を重要政策としているそうです。完全に解決とまでは行かないけど、昔に比べたらだいぶよくなったと聞きます。

昔も正規のルートで鉄道でシリア入りするなら危険はなかったそうですが、南東部全体がきな臭かったのは確かです。この辺の話は

が人気作家が書いているのでなかなか読んでいて面白いです。ヴァン猫(泳ぐ、オッドアイの目)いいな。村上春樹はイスタンブルあたりには関心がなかったようで、専ら地方を回っています。これを読むとトルコは恐ろしいところだなと身がすくんでしまいそう。

ユルマズ・ギュネイの『路』なんかもトルコってすごいところだなと思わせる一作。トルコは都市(イスタンブル)とそれ以外では別の国と思った方がいいかも知れません。イスタンブルの人はなんというか緩い人たちで、ちゃらんぽらんなおいらには素晴らしい国だと思うのですが、地方では地方特有の保守的なところがまだたくさんあるようです。

どーでもいいけど、昔見たガンダムにギュネイという人物がいたけれど、güneyってトルコ語で南という意味があります。関係あるのかは不明。ユルマズ・ギュネイも単に南部出身だからという理由だったと聞きます。本名はYılmaz Pütünだとか。

イスラエルに行く前にユダヤ教の知識が欲しいところです。断片的な知識はありますけど、系統だった知識がないので一度勉強しないと。

イスラエルに行くのなら、単に観光だけではなく研究所のことも見てみたいと思います。イスラエルの研究水準はかなり高いらしいので、職場としてもよいかも知れません。