今日もだらだらと書き散らすお

広告

まずはコメントのお返事をします。

POSTED BY えぬ ON 2010年6月18日
>スロバキアで海外就職した人のブログ
以前2ちゃんで登場したこの方と同一人物ですかね
http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-2210.html
彼の主張、とくに海外就職や英語習得のハードルは高くないという点は同意できます。
しかし、海外>日本というのを一般化しすぎてる気がします。
国内でも、新卒カードがあれば、就職には相当有利だろうし、
生活水準も、安全性や利便性を考えれば、日本は世界有数だろうし(コスト高だけど)。
ソフトスキルとハードスキルの区別も恣意的な感じがする。
「コミュニケーション能力」を「切り捨てるべき」って、オイオイ。
「あうんの呼吸」が通じない海外で、コミュニケーション能力なしでどうやって生きるのよ、と。
そもそもコミュニケーション能力ってなによ、と。
英語の能力と無関係なのかよ、と。

スロバキアだと同一人物の可能性は高いですね。と思っていたら意外と海外経験豊富のようだから違うのかも。

日本で就職することは悪くないと思います。日本人ですし、日本国内で働く動機はたくさんあるでしょう。友達や家族と離れたくない、日本が好き、食事が合わないなどなど。けど、日本で《しか》就職できないとなると話は別ですので、選択肢は多めに採っておくことを勧めます。

新卒でいいところに入れたらとりあえず人生は安泰のような気がします。100%安全は保証できませんが、おそらく定年まで無事に生きていくことができるでしょう。けど、新卒で失敗するとか、入れたけどブラックだとかだと、日本しか選択肢がないと人生終わりそうです。

安全性や利便性で日本が高いのはある程度同意するのですが、海外が危険というのはよくありがちな誤解だと思っています。危ない地域も多いというだけで、日本より治安のいいところはたくさんあります。日本は深夜に女性が一人で歩けるとかいうけど、その程度の安全性ならシンガポールとかアメリカでも治安のいい地域なら問題ありません。台北も危険を感じたことはありません。パリは悪い奴が多いから気をつけろとかよく言われましたが、実害はありませんでした。イスタンブルは詐欺みたいなのに一回やられました。香港とか他の地域も概ね安全に思います。

利便性は人によって基準が違うから何とも言えないけど、日本より優れたサービスのあるところもたくさんあります。例えばパリのレンタル自転車はかなり発達していて実用的に使えます。東京のように地下鉄を乗り継いで・・・というスタイル以外にも日常的に適度に身体を動かせるので気に入っています。台北にもありましたが、こちらは実験段階みたい。日本も丸の内あたりでやっていたけど、これも実験ですね。

コミュニケーション能力はどこで生活するにしても必須だと思います。ただ、日本で言われるような能力とは本質的に異なると思うので、日本で非コミュとか言われていても問題なく過ごせることもあるし、逆に全然ダメな人もいます。試してみるしかない。

POSTED BY シント ON 2010年6月19日
こんな企業が今の日本にあるんですか……? なんという……言葉が出ません。

ひどいですね、目を疑います。おいらは記事にあるような真っ黒な企業は実は見たことがありません。普通のブラック企業くらいならたくさんあります。サビ残当たり前とか土日出勤当たり前とかです。こういうところは、そういうもんだと思ってそこそこ楽しく生きていくことは可能だと思います。ひどいいじめみたいなのが起きているわけでもないですから。

個人的に嫌だと思ったのは社員を信用していない会社です。監視していないとサボることを前提にルールができているところで、非常にムードが悪かったのを覚えています。確かに昼間からパチンコ屋とか漫画喫茶に入り浸っているサラリーマンが多いので、監視していないと外回りに行ってくるとか言って実は遊んでいる人もいるのでしょう。

とりあえずITとかコンサルとか横文字というか新しそうな業態には気をつけろといったところでしょうか。

POSTED BY あ ON 2010年6月19日
私にとってコーンさんは、日本人に出来ないほどのコストカットをする人ってイメージです。
コストカットつながりで、彼はマネーフローの調整もうまいと思いました。
しかし日産の役員は他の自動車会社に比べて桁違いの報酬を得ているとの話です。
ゴーンさんもたぶんそうでしょう。そこら辺はどう思われますか?

カルロスゴーンは価値があると思いますよ。彼がいなかったら日産は今頃ないかも知れません。客の視点から見てもGT-Rとかを大切に守り育てている点は評価します。ホンダがミニバン屋になってしまったのと対照的です。NSXとかS2000とかちゃんと育てて欲しい。短期投資家から見たらトヨタやホンダはよい投資先なのですが、長期的には魅力を感じません。コストパフォーマンスがいい自動車メーカーはそのうち韓国や中国に移っていくでしょう。そうするとアメリカのビッグ3みたいになりかねない。残るのは強力なブランドで、メルセデスベンツとかBMWとかポルシェとかです。フェラーリはフィアット傘下ではあるけど、強いブランド力を持っているので安心できます。アストンマーチンとかジャガーも参加には入っているけど、ブランド指名で欲しがる人がいるでしょう。

日産の他の役員は正直よくわかりません。実は頑張っているのかも知れないけど、年収が億は高すぎます。事務次官で3,000万円くらいらしいので、出世で登り詰めただけの役員もそのくらいでよいと思います。ソニーはその点ひどいですね。赤字企業で取り立てて顕著な実績もないのに報酬が高い人がたくさんいます。実績を挙げられない役員は年収1ドルでもいいと思うのだけど。

POSTED BY 毒舌批評家 ON 2010年6月19日
>報酬に見合うほどの人ってどのくらいいたのだろう?
これは、役員に限らず、日本企業全体の問題。
現状を見る限り、経営者は保身しか考えない連中ばっかりで、
将来のことを考えて経営している人はごくわずかだと思う。
また、報酬に見合う仕事をしていないという意味では、
高給取りの中年連中も一緒。
>日本においては株式は株主権を行使する証書ではなくなっている
日本の株式会社なんてものは有名無実で
戦前の財閥からなんら体質が全く変わっていない気がする。
まぁ、株式会社の意味や、さらには資本主義の意味を
全く理解してきていない連中ばっかりだから、当然といえば当然だが。
大金を持っていたら、資本主義のルールに則って、
どこかを乗っ取ってみたい今日この頃です。

前述のように報酬に見合っていない人は多すぎます。無条件に役員は偉いみたいな根拠が希薄なところに依拠しているような。

役員は基本年収1円で、PBR=1になる株価を行使価格としたストックオプションを与えるとかしたらどうかな。

会社を乗っ取るのはまず不可能だと思います。どういう防衛策が発動されるかわかりません。平気で焦土作戦とか言い出すバカが多すぎます。

POSTED BY ナイモン ON 2010年6月19日
GDPは下がってないのに、サラリーマンの収入は減ってる。
しかも税収もさがってる。
どんだけ企業がぼってるんでしようね?
ほんと日本の政治にはがっかりします。
的外れ過ぎというか、わいろ貰いすぎというのか。頭悪すぎなのか

表面的には赤字企業は多いですね。でも本当に無駄遣いを減らしているかはすごく疑問。一例が上がり続ける役員報酬。あと正社員優遇の過ぎる会社も多いですね。もはや雇用形態の差が身分の差みたい。

おいらは政治はそれほどダメだとは思っていません。ダメなのは日本の企業であって、自民党が悪いとか言っている(元)会社員を見ると、てめーらが最大の戦犯だ・・・とまでは言わないけど、民間企業のだめっぷりが大きな要因なのは確かだと思っています。バブル経済とか、その後の氷河期とかは民間企業の責任であると考えます。

政治はやらないといけないことをしないのが問題です。何かして失敗すると叩かれますけど、何もしないのはさほど問題になりません。個人的な意見としては資本家が機能しないときは国家が動けという社会主義寄りのものですが、管首相は増税路線なので多分失敗するだろうなと思っています。

POSTED BY ITSNOTTHESAME ON 2010年6月20日
Pythonの入門ならDiveIntoPythonがいいですよ。検索すれば出てきます。無料です。アマゾンAPIを使うのであればあとはurllib, urllib2そしてxml parserがあればいいのではないでしょうか。

検索しました、あ、これは見たことあります。日本語訳もあるし読みやすくていいかも知れません。urllib / urllib2の違いも調べたけど2の方がカスタマイズして使いやすいのかな。普通に使うならurllibでよさそう。xml parserは最近では必須ですね。

友人達の留学先

意外とアメリカで知り合った友人は当初の目標のところに進学できた人は多くない。よりよい道を見つけたのか、それともハードルが高かったのかはわからない。

トルコ人の友人と昨夜話をした。お母様が最初メッセで話しかけてきて、しばらく下手なトルコ語で喋っていて、友人と替わった。なんでもドイツのビーレフェルトって街に行くらしい。知らない街だなと思ったけど、地図を見て辞書で調べると工業地域とあり、ルール工業地帯とか世界史でやったなというのを思い出した。

Bielefeld |ˈbēləˌfeld|
an industrial city in western Germany, in North Rhine-Westphalia; pop. 322,130.

ルール工業地帯に含まれるかどうかは知らないけれど、第一次大戦でフランスに取られた重要なスポットと関係がありそう。ウェストファリア条約なんてのもあったな。ヴェストファーレンと読むべきかも知れないけど。

というわけで、ドイツ行きに少し関心が出てきた。ドイツに行っても誰も知り合いがいないというのは寂しい。もともとドイツは興味はあったのだけど、決定打を欠いていた。パリからも遠くないので、鉄道を使って行くのもいいかも知れない。ハノーヴァ経由だと航空券が高いようだ。8万円くらいする。パリだと5万円くらいなので2都市を回るならいいかも。

ドイツ語は少しだけやったがすっかり忘れた。学習時間を考慮すれば英語の次にできていいはずだけど、全く自信がない。中国語の方がまだ喋れる気がする。ただ、例えば駅はどっちですか?とか水が飲みたいとか言えるだけでも実は結構十分なので、自信をなくすほどでもないのだろうけど。少し復習していけば案外ドイツ語を喋ることを楽しめるかも知れない。トルコ語とかヘブライ語とかフランス語、台湾語なんてのは単語をいくつか知っている程度だが、ネイティブと話した経験が勇気につながっている。ドイツ語は完全に座学だった。中国語は学習を休止しているが、以前は「ほわほわ」言っているとしか思えなかった中国語が、ニュースとかドキュメンタリーとかドラマで中国語が聞こえると懐かしく感じるようになった。少しくらいはわかるところが大きい。

トルコの友人は現時点でドイツ語がまったくできないらしい。あと関係ないけどたぶん東側だと思うけど、ドイツはトルコ人コミュニティが結構強い。ドイツ語で書かれたトルコ語の教科書も多いそうだ。でもその分評判も悪い。日本での韓国や中国と同じようなものかも知れない。

フランスの友人は前にも書いたがイスラエル行き。イスラエルは論文を読んでいると優れた研究が多いので院生の間では評価が高いようだ。あまり海側に行かなければ治安の問題もない。テルアビブまでの航空券を見たらイスタンブル経由で13万円くらいと非常に高い。でもイスタンブルに寄れるなら、それもいいかも知れない。

台湾も行きたい。台北までユナイテッド航空だと17,800円くらいなので沖縄に行くよりはよっぽど安い。1ヶ月FIXなので便利。5日FIXなら15,000円くらいでもある。燃油サーチャージが安いといいのだけど。

マスターキートンのように生きることができれば、これらの国を歩き回るなんてのも可能なんだろうけど、どうすればいいのかな。保険会社の調査員でもすればいいのか。

スロバキアの人のブログで見つけたTop Language Jobs – UKは日本語ができると言うことも技能になるということを教えてくれる。ただし翻訳とかセールスが多い。セールスはできるかどうか自信はない。英語→日本語の翻訳ならかなり高品位なものができるだろう。他の言語も中国語とかトルコ語とかフランス語とかができると言えるならアドバンテージになりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)