フライヤー作ってみた

広告

まずはコメント

POSTED BY RINSAN ON 2010年1月5日
ちょっと勘違いしてたかもです。
教育の方の話で,教師は級長を横で見てるだけ,実際に前に立ってるのは級長,そして教室の各列ごとにその列の長が生徒を管理している絵をどっかで見たことがあって,道徳と規律とかそんな感じのテーマでパノプティコンと同じ文脈にあったもので勘違いしてました。この話は本来は指導される側にあるはずの者が管理側に回されてるって例で多分おっしゃってる「社畜」に近いかもです。管理教育とかの文脈で出てくる話なので同じってわけじゃなさそうですが。。

そうですねー。ピラミッド構造の人材管理は基本らしいですから、級長に生徒を指導させるのは管理上はうまい方法でしょう。社畜の場合はどこに敵が潜んでいるかわからないばかりか、自分まで会社のために粉骨砕身・刻苦勉励に励むのが社会人として当然だといつの間にかにすり込まれている点でより恐ろしいかも知れません。

広報してみた

依頼されたので広報をしてみました。就活くたばれデモの広報を頼まれて渡辺千賀さんに趣旨文をお伝えしたのですが、ありがたいことにお返事をくれて

@onaneet こんにちは。いまいち趣旨がよくわからない・・・デモするほど頭に来てる会社(や社会)に入社(参画)しない、というのが一番の「おしおき」になると思うんですけど・・・ってことを話すデモなのかな?

とのコメントを頂きました。

また別件で麻布論壇でも応援をして下さっていますが、やはり

ululun 2010/01/06 00:29
まあ、アレですよ。くたばれ就活とか言って、就職活動をDisっているうちは就職活動という名の釈迦の掌から一歩も出る事は出来てないって話ですよ。嫌
ならやらなければ良いだけですもん、そんなもん。
ちなみに私は就職活動をマトモにしない儘、今に至っておりますです、はい。
noiehoie 2010/01/06 00:41

id:ululun
全くおっしゃる通りだと思います。
そのゆえ、日付のタイトルを、あの歌にしたわけです。

というコメントがあります。つまり、上の年代の方は「そんなに日本の会社が嫌なら、就活しなければいいんじゃない?」という意見が多いようです。これはもっともなことだと思います。

なぜ就活をボイコットしないのか

就活をボイコットしない理由をつらつら考えてみたのですが、その最大の理由は社会に対して何のメッセージ性もないということでしょう。わずかな人数の学生が就活をボイコットしたとしても、就職内定率が60%そこそこの昨今では、採用数よりはるかに学生数が多いのだから企業側にとって何のダメージもありません。デモの参加者が国益を左右するほどの天才集団でもない限りはボイコット学生がいたことすら企業の人事は知らないまま翌年度を迎えてしまうでしょう。これではデモの目的を達することはできず、単にボイコットした人が無職になるだけで何のメリットもありません。

もちろん《いわゆる就職活動》をしなくても仕事に就くことはできます。起業するとか、就職活動の要らない仕事に就くとか、海外に脱出するとかです。それでも、社会は就活を嫌って企業就職をしなかった人がいるということを認知しないだろうし、それでは社会は変わらない(しても変わるとは限らないけど)のです。

でも、社会を変えてやろうというのもお節介かも知れませんね。望んでいない人がたくさんいます。

フライヤー作ってみたりして

かなり適当につくったのですが、こんな感じ。素材はネットから引っ張ってきたのが多いし、最後の方の文章の配置なんかは集中力切れていたので、あまり使わない方がよいと思います。

そんなことより仕事がちっとも進んでいないのですけどね、まずいなあ。何となく体調が悪く、これは正月病かと思っていますが、知り合いがインフルエンザに感染したのもあるし、まだ油断は禁物です。