年末の比較的どうでもいいこと

広告

年末だとテレビ番組も特番中心になって見るものがない。紅白は興味がないので、のだめを見ている。最近、君に届けなんかも見ているのだけど、少女漫画(?)って違和感がある。女の子の扱いがぞんざいなのだ。あと、イケメンの存在が大きい。

おいらの感覚だと、女の子には思っていてもあんまりひどいことを言ったりしないのが普通だと思うし、実際そういう風になっていると思う。別に可愛い子の優遇はあるのだけど、そうでないからと言ってあのように扱ったりはしない。でも、少女漫画ではかなり雑な扱いを受ける。女の作者から見て女というのはそういうものなのかも知れない。

さらに言うと、雑な扱いは問題になっていない。実際の男があんなことをしたら大変なことになると思う。変態扱いならまだよい方で、刑事事件すらあり得る。

男女逆になっているのかと思うと、イケメンはスポットライトが当たるけど、それ以外の男はただの風景でしかないようだ。男から見ると、それ以外の女は風景ということはないと思うんだけどな。

長期海外滞在の保険

海外滞在中に怪我や病気になると治療費が相当にかかってくる。保険会社のページだけど「海外の事故例」を見ると高いと2,000万円くらいの治療費がかかってくる。ただ、このくらいの治療は脳梗塞とかで、まだおいらは大丈夫だと思う。

では、どのくらいありうるかというと「タイ:高速船が波でバウンドし、全身を強打。腰椎骨折と診断され10日間入院・手術。医師が付き添い医療搬送。治療費3,404,593円」くらいだろうか。そんなに深刻な重病はないと思うけど、怪我くらいはあるだろう。一応この倍の700万円くらいの治療費が必要になる可能性があると考えよう。

むろん、こんな治療費は払いたくないので保険を利用することになる。では保険料はどのくらいかと検索すると、90日適用の保険で台湾のケースだと三井住友海上の海外旅行保険で保険料が16,750円。治療・救援1,000万円、疾病1,000万円がつくので、これくらいあれば安心ということになる。東京海上日動だと27,290円である。60日だともう少し安くなる。

このように、日本という国は奪っていくだけで何も与えてはくれないなんて思ってはいるけど、社会保険に入っていれば比較的安心していられた。親が正社員だからね。救急車も無料というのは世界的には珍しいこと。

とはいえ、国民皆保険の下で強制加入だし、ある程度所得があると非常に高い。国民健康の保険料は医療分と介護分との合計額で決まり、60万円くらいになったりする。おいらは身体は頑丈なので、生まれてこのかた健康保険を利用したことはほとんどない。風邪を引いても病院なんかに行かないし、虫歯にもならない。取られ損で、やはり正社員って得だなって思う(もちろん被雇用者も払うんだけど、会社負担の方が大きい)。

クレジットカードの付帯保険

というわけで、時代遅れの国民皆保険はニート・ワープアにはあまりそぐわないと思う。それに対して海外での傷害・疾病はクレジットカードの保険が有効である。しかも、年会費無料のクレジットカードの中にも保険が自動付帯するものがある。

詳しくはリンク先を見ていただくとして、重要なのは「自動付帯」・「発行会社」・「年会費無料」である。

まず「自動付帯」ではない保険では、クレジットカードを旅行に利用しないといけない。1枚は航空券でも買えばいいけど、あとのカードの保険が利用付帯だと使えなくなってしまう。持っているクレジットカード全ての保険を動員するためには自動付帯は必須である。

発行会社は重なってはいけない。太っ腹の発行会社のカードを複数枚持っても意味がない。

年会費無料も重要で、年会費がかかってもいいのならゴールドカードとかプラチナカードを持っておけばいい。

件のリンク先にお勧めのクレジットカードが紹介されている。これらを全部持っておけば800万円までは傷害・疾病の保険がおりる。あと1枚・利用付帯のカードで旅行代金を決済すれば1,000万円達成で、別途保険会社に払う保険料が要らなくなる。海外の方が安心して病院に行ける時代になってしまった。でも、こういう知る人ぞ知るお得な抜け道ってすぐに塞がれちゃうんだよね。

横浜インビテーションカード

    • 発行会社ジャックス
    • 家族カード含めて年会費永年無料
    • 海外旅行傷害保険“自動”付帯 傷害・疾病200万
    • 国内旅行傷害保険“利用”付帯 入院日額5千 手術20万
    • ショッピング保険利用付帯

多分年会費無料カードで最強。国内旅行保険の傷害・疾病が利用付帯なので新幹線のチケットこれで買えば安心。カード審査が通りにくい主婦の人も、夫を本会員として家族カードを発行すればいいので、夫婦で自動付帯保険を手に入れられる。

オリコカード

    • 発行会社オリコ
    • 家族カード含めて年会費永年無料
    • 海外旅行傷害保険“自動”付帯 傷害・疾病200万
    • シートベルト障害保障

家族カードあり。国内旅行傷害保険も利用付帯であるんだけど、残念ながら傷害・疾病をカバーしてくれない。国内は死亡・後遺障害だけカバーとなる。シートベルトについても死亡・後遺障害のみカバー。オリコで年会費無料のものはほとんどリボ専用カードなんだけど、毎月のリボ額を最大にしておけばいいし、そもそも使わ(アワワワワ

TSUTAYA Wカード

    • 発行会社アプラス
    • 年会費永年無料
    • 海外旅行傷害保険“自動”付帯 傷害・疾病200万

国内旅行傷害保険も利用付帯でついてるけど、こちらも死亡・後遺障害のみカバー。 ロードサービスも付くが、ただ「呼べる」というだけで実費は負担させられるのであんまり意味ない。家族カードはないが、審査は甘いので作りにくい人も突撃推奨。Tポイントは汎用性が非常に高く、事実上日本一のポイントプログラムになってるので、持ってて損はない。特にTSUTAYAをよく利用する人は。

E-NEXCO passENEOSカード

    • 発行会社ニコス
    • 年一回利用があれば家族カード含めて年会費無料
    • 海外旅行傷害保険“自動”付帯 傷害・疾病200万
    • ロードサービス

発行会社が同じニコスなので、重複しないようにどちらか一方だけ作ればいい。ガソリン代を節約したいならENEOS、ETC料金を節約したいならE-NEXCOを作ればいい。両方とも年会費がかかるんだけど、いずれも最低年一回決済に使えば無料になるので、実質的には年会費無料と思っていい。家族カードも作れるし、審査も甘め。ロードサービスについては、ENEOSカードが無料で自動付帯。E-NEXCOはカード利用かETCカード利用のいずれかが年一回あれば無料で付帯。E-NEXCOはETCカードを利用中に料金ゲートに衝突した場合見舞金1万円がもらえるというサービスもついてる。

データベース設計のためのデータモデリング

おいらは小遣い稼ぎには株を使っている。色々やってみたけど、

  1. 個人は大抵損をするので、個人の逆をする
  2. チャートで売られすぎ・買われすぎを見る

という非常に単純な指針でやっている。

で、個人の逆をする指標としてSBIランキングの売り・買いを見ている。SBI証券がETRADE証券だったころから使っているRubyスクリプトが毎日動いているのだけど、これが何故トラブルもなく動いているのか不思議な代物だった(URLは証券会社名が変わったときに直したけど、そのくらい)。これはある意味感激する。こういうコードでも安定して動いちゃうのだから、とりあえずコードを書けというブラックITが何とかなるのもわかる。下手な考え休みに似たり。アカデミック的に技巧を凝らすよりも実践あるのみ。

とはいえ、年末で仕事もなくて暇なので少しいじってみた。HTMLのparseもましなものを使ってxpathで必要なところをピンポイントで取り出す(Firefoxは勝手にtbodyタグを追加するのでハマった)。でもコードはあまり短くなっていないから、あの汚いコードはそれなりにすごいのかも知れない。

さらにデータベースにがしがし追加するようにした。これで単に売り越し・買い越しを見るだけじゃなくて、時系列的な分析もできると期待している。でも、テーブル設計をどうしていいかで悩み始めた。目的を達するだけなら前のコードの方が所要時間は短いし、無駄な思考時間もないからよいのだけど。

データベース設計技術はIT技術の変化にも陳腐化しない不朽不滅のスキル

なんだそうだ。確かにここをきっちり習得しておくことはIT業界でやっていくのに有利だし、世界中どこへ行っても役に立つはず。というわけで、目的を達するだけならここまでやる必要はないのだけど、データベースの勉強を次の目標としたいと思う。

ただ、台湾に重い本をたくさん持っていくのは無理なので、備忘録として面白そうな本を書いておく。当面の目標は中国語検定3級くらいのマンダリンを習得すること。