奨学金

広告

ニュース記事3件。

奨学金未返済、最高の723億円 08年度、猶予の相談殺到

独立行政法人の日本学生支援機構は4日、08年度の貸与奨学金の未返済額が723億円に上ったと明らかにした。

(略)

機構は、景気悪化に伴う賃下げや雇用情勢の悪化が背景にあるとみている。収入が急減した利用者に対する返済の減免や返済の必要がない給付型への切り替えなどが課題になりそうだ。民主党は奨学金制度の拡充を掲げており、10年度の予算編成などでの対応が注目される。

(略)

機構によると、08年度の奨学金利用者は122万人で、前年度に比べ8万人増加。今後、延滞者が全額返さなかった場合の「延滞債権額」も、前年度の2253億円から2386億円に増えた。

08年度の詳しい分析はこれからだが、07年度の延滞理由で最も多いのは低所得で全体の41%。機構は経済情勢の一段の悪化に伴い08年度もこうした傾向が強まったとみている。大学院修了後も研究を続ける「オーバードクター」にも年収100万円台の非常勤の人が多く、返済が滞るケースが増えている。

機構は、給与所得が年間300万円以下を目安に、原則として最大5年間返済を猶予。この制度の利用を希望する相談が急増したため「電話がつながらない」とする苦情も多くなっていた。

大学進学が絵画商法みたいになっている。借金させて「価値がありますよ」と吹聴するものを買わせて、実は無価値で借金だけが残る。

実は完全には無価値ではなくて、日本ほど高等教育を軽視している国はそう多くない。大卒だと海外で永住権を採ることもかなり楽になる。だけど、ほとんどの大卒ニート、ワープアは海外脱出なんて考えていない。

よく、返済したくないからニートしているとか言う人を見るけど、たかが月々1万円少々の返済を免れるために、ニートをする人なんかいるわけがない。働いていれば、それなりのお金を自分の自由に使えて楽しいけれど、ニートだとそれもままならない。時間はあるけどお金がない。

奨学金ずさん管理、130億円未回収 転居把握せず

大学生に奨学金を貸与する独立行政法人「日本学生支援機構」(旧日本育英会)で2253億円もの未回収金が生じている問題で、このうち約130億円は、機構側による貸出先住所のずさんな管理が主な原因であることが、会計検査院の調べで分かった。

日本学生支援機構:電話8割つながらず 奨学金問い合わせで

大学生向けの奨学金を巡り、貸与先住所のずさんな管理で約130億円の未回収金が生じている独立行政法人「日本学生支援機構」(旧日本育英会)で、返還猶予や住所変更を受け付ける相談電話へのダイヤル件数の約8割が、通話中のためつながらない状態であることが分かった。