続:履歴書

広告

slashdotに「履歴書、手書きしている ?」というエントリがあり、議論が面白い。

まず履歴書は手書きであるべき派がそこそこいる。いわく「ハローワークでもいかなる就職関連機関でも、必ず履歴書は手書きでと、固く指示されている。 常識の無い人が大きな顔していられるのがITとかインターネット界なんだろう」と、手書きしない人を非常識扱いするラディカルなのもいる一方で、「IT系なので、いまどき手書きの履歴書なんか持ってきたら、それだけで落としますね」とか手書きの履歴書はそれだけで落していたという人もいる。

〜したら、それだけで落とす

ふと気になったのは「手書きの履歴書はそれだけで落していた」である。この人は「もちろん逆の判断する奴もいるだろうし、就活はマジで運だと思う」と言っているけど、その通りだと思う。友人にも「〜したら、それだけで落とす」という人はいる。それも比較的どうでもいい基準で、そいつが好きか嫌いかで、子供っぽい基準で落とされる場合もあると言うことだ。

たぶん、日本にはこういう人事は多いんだろう。しかし、それではアメリカ系外資の360度評価の採用と比べて人材の質が悪くなると思う。日本は勝ち抜き戦だから、早い段階で偏屈な人に当たってしまうと、優秀な人でも落とされてしまう。しかも採用で落ちた場合「お前が無能だから」という風に見られるのでどうしても不利。さいころを転がして落ちても無能に見える。

常々感じるのだけど、今の日本企業は優秀な人材を求めていないと思うよ。下っ端人事が暴走したときの対策があまりなされていないし、日本に進出してくるくらい有名な外資系のように人材の質で成り立っている会社が少ない。いわゆる外資系は人材の流動性が高いため、人材の質を保つことを重視するけど、日本の場合は新卒至上主義で会社が人材を引き留める努力をあまりしていない。人材が出て行くのは多くの場合は会社都合(公式には個人都合になるようだが)あるいは、ダメ社員が辞めていくだけである。優秀な人は終身雇用に乗っかってくれるという妄想を強く感じる。

優秀な人材を会社が確保したいのなら、優秀な人材を逃してしまうような仕組みや、そういう社員、社畜を駆逐するのが第一だと思う。ただ、サービス残業や土日出勤に耐えるローコストな人材ばかり揃えても生き残ることはできるから、経営者は努力を怠ってしまうのかも知れない。しかし、そうした想像力のない社員で作れるものはたかが知れているので、やがてダメになっていくと思う。早めに人材の質を高める努力をした方がいいと思う。