アクアフェアリー

広告

テレビ東京系のモーサテで興奮気味にベンチャーの作った燃料電池について報じていた。

似非科学?

なんでも、この会社の作っているのは水を補給するだけで発電する燃料電池らしい。

この燃料電池は水を補給すると水素を取り出して、空気中の酸素と反応させて電気を取り出し、水しかでないという画期的なものだそうだ。水を入れるだけでいくらでも発電ができると、若いおにゃのこが興奮気味に言っていた。もうすぐコンビニで買えるようになりますと。

たぶん高校生くらいでもこの話を聞いて疑問に思うことはあるだろう。つまり、水→水素→水という反応を経て電気が取り出せるのだったら永久機関だよね。エネルギー問題は一挙に解決、ばんざい。え、なんで永久機関なのにコンビニで買わないといけないんだ?

詳しい原理は知らないけど、報じていることが正しいとすれば、水から水素を引っぺがす水素発生剤が中にあるはずで、これを使い切ったら電池の寿命となる。つまり、単なる一次電池でしかない。一次電池は使い切ったら新しいのを買う必要がある。これなら辻褄は合う。

電池は空気中の酸素を必要とする(酸素の吸入を妨げると発電は止まる)ということは、水から酸素は取り出せないので、おそらく金属ナトリウムでも入っているんだと思う。

思えば、二次電池(充電電池)がないころは、たとえ夜中でも電池が切れたら新しいのを買いに行かなければならなかった。それが二次電池の普及で家に帰って充電器に挿しておけば翌日も使用可能になって便利になったのだけど、再び「電池が切れたらコンビニに買いに行くだけで使えるんですよ」と時代に逆行したものを普及させようとしている気がしてならない。

最低限の科学リテラシーは欲しい

人によって色々な興味があって、誰もが理科系に進学しなくてもいいと思うのだけど、科学技術立国を名乗るならもう少し科学リテラシーの向上を図って欲しい。モーサテの若い女の子も大学は出ているのだろうから、あんなのに騙されちゃいけないよ。