ポスドクの半分は海外にいる

広告

slashdotに「ポスドクの半分は海外にいる」という記事が載っていました。

経済難民orz

素粒子理論限定の調査だが、1998 年から 2008 年の 10 年の間にポスドクが就職するまでに必要な期間が平均 3.4 年から平均 6.4 年へと約倍増し、職が見つからない若手研究者が海外へと流出していることが分かった (毎日新聞の記事より) 。

海外流出率は 98 年度は 3 % 弱だったが、04 年度では 28 %、08 年度では 41 % と急増している。この海外流失もアメリカ等の先進国で大学教員になるわけではなく、韓国や台湾等の東アジアの国に数年任期のポスドクとして雇用されているのが実情で、研究環境の良い国への頭脳流出というよりも、経済難民としてアジアの国々へ流出しているだけのようだ。

頭脳流出の時代は終わったか。

1 個のコメント

  • 8年前に知り合ったポスドクも海外移住みたいな事をしていました。
    日本に居場所が無いそうで。帰国してバイトしたりぐらいで。

    外国語もペラペラでかっちょえーと思ってたんですが現在音信普通であります・・・生きててくれ・・・たのむ

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です