新型インフル

広告

東京でも感染者が出たとか言っている新型インフルエンザですけど、騒ぎすぎだと思います。比較的有識者だと思う人がブログで大騒ぎしていたりするのはなんかなー。ネタなのか。

やっぱり閉鎖的

一部報道によると、件の女子高生についてストーカーまがいの追跡をしたり、それによって母親を通じ「周りの人や先生方に本当に申し訳なかったと伝えてほしい」とか意味不明の謝罪をしたり(させられた?)しています。

もっとひどいと思うのは「なんでアメリカに行かせた?」みたいな苦情の電話が殺到しているらしく、本当に引きこもり民族だなあと思うのです。引きこもっている人はいいかも知れないけど、普通の人は外出をしてインフルエンザに感染することもあるでしょう。それがもう少しグローバルになっただけのこと。インフルエンザになりたくなかったら、引きこもって会社も学校も行くなと本気で言うのでしょうか、こいつら。いま外出している人全員を批難できるのでしょうか。

ニューヨークでインフルエンザをもらってきただけで、戦犯みたいな扱いというのは、日本人の異常さを物語っていると思います。

Academic Pandemic

いきなり話題が変わりますが、今年の五月祭は「アカパン」だそうです。

今年の五月祭は、5月30,31日に、東京大学本郷キャンパスにて開催されます。
テーマは、「AcademicPandemic」。
東大に集まった生粋の「知」が、第82回五月祭を機に
あらゆる人に、あらゆる形で、感染していくように。 あるいは
感染症的に、病的に、東大が非日常に盛り上がることを願って。
そんな願いを込めて掲げたこのテーマ。

パンデミックとか感染症とか、非常に時宜を得た意欲的なテーマで楽しみです。京大の「超意欲的ニート」みたいに潰されないといいんですけどね。

とめてくれるな おっかさん 背中のいちょうが 泣いている 男東大どこへ行く

昔の駒場祭はこんな感じでした。あの時代のコピーは品があった。

komaba68
Copyright (c) hashimoto, osamu. All rights reserved.
写真撮影 町田仁志

そういうわけで、ブログランキングのコピーを変えてみました。

5 件のコメント

  • とりあえず過剰反応しておけば、責任問題に発展する可能性が低いからだと思います。
    責任をとる=トップの辞任なんで、今の時期政府としては神経質にならざるを得ないと思う。

  • なんか日本のムラ社会的な閉鎖性は、事あるごとに不快なほどあらわになりますね。
    組織から外れてたり、組織の秩序を乱すおそれのあるような人が少しでも目につくと、
    よってたかって攻撃し始める。
    なんか日本社会全体が談合社会のような感じがします。
    「こういう人が素晴らしい」みたいな基準を勝手に作っちゃって、それに合う人間ばかり優遇し、
    合わない人間は片っぱしから弾いていく。

    高学歴ニート・ワーキングプア問題が深刻なのも、「新卒で就職できないやつにはろくなやつがいない」みたいな
    合意(誰が決めたんか知らないけど)見たいなのがはびこっているのが一因としてあるなぁって思います。

    茂木健一郎が「フューチャリスト宣言」って本の中で、
    「履歴書に一日でも空白ができたら真人間じゃなくなってしまう」という日本の常識(=世界の非常識)に強い嫌悪感を感じる、と語っていましたが自分も同意です。

    新卒だろうがフリーターだろうが、病気明けだろうが、経歴に関係なくその人が優秀であるかどうかで採用か否か
    を決めるのが合理的な判断だろうに、その合理的な判断がむしろ異端に思えてくるような日本社会に未来はない気がします。

    今自分は文3の2年なのですが、あまり日本でうまくやってける自信はないなぁ。

  • 豚インフルの感染者が京都でも見つかり、ほとんどの大学が休校になってるんですが、
    府や市の急行要請に逆らって京大だけはなってません笑
    独自に専門家チームが立ち上げられ、生物学、医学的見地から判断してこうなったそうです。

    「京大では授業なんか飾りにすぎない(から休校になろうがどうでもいい)」という声が教授からも学生からも聞こえてくるのはここだけの話です笑

  • BANWA、オナニートさん。

    「営業職」のコメント機能が故障しているみたいです。

    ちょっと調べてみてください。

    俺の投稿が原因かもしれませんorz

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください